近い将来ハゲるかどうかチェックする方法が知りたい!

自分が薄毛になるかは自分ではなかなか予測できないわけです。

 

自分は平気、と思ってもハゲるケースは有ります。
自分はハゲる、と思っても平気だったケースも有ります。

 

こちらでは自身が近い将来ハゲるのかを、簡単に判別する方法について詳しくお話しします。

 

お金がかかるものでもないので、安心してチェックしてくださいね。

 

 

■アナタの抜け毛から薄毛診断を実施する

 

・細い抜け毛
・短い抜け毛

 

要は、「産毛」のような抜け毛がどれだけあるか、といったことが大きな問題になります。

 

産毛のような抜け毛がたくさんあった場合には、アナタの髪の毛はかなりピンチな状態です。

 

まだ薄毛になっているとは感じられなかったとしても、かなり高い確率でハゲることになります。

 

 

・なぜ産毛のような抜け毛が増えると近い将来ハゲるのか?

 

男性型脱毛症(AGA)が発症していると考えられるからです。

 

AGAの発症は、髪の毛の太さや長さによって判断できます。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)といった物質が体内で生成されることにより、AGAが発症するのですが、その物質によって産毛化が起こってしまうのです。

 

産毛状態の抜け毛が多いということは、それだけDHTの物質量が増えており、実際に髪の毛に影響を与えていることも意味しているのです。

 

先頭部や頭頂部がどんどんと薄くなりはじめるので、早めにしっかりとした対処を実施してくださいね。

 

育毛剤や発毛剤の利用がおすすめになります。

 

 

■家系からアナタが近い将来薄毛になるかを判断する

 

・母親の父親(母方の祖父)が薄毛であると遺伝子を引き継いでいる

 

AGAは遺伝によって強い影響を受けます。AGAになる遺伝とならない遺伝があるのです。

 

遺伝は父系遺伝ではないので、父親が薄くても問題はありません。

 

問題は母方に薄毛の人が居るのか、といったことです。

 

母親には基本的にAGAが発症しないので、問題になるのはその父親です。

 

母方の祖父がもしも薄い場合には、アナタにも薄毛になる遺伝子が引き継がれています。

 

母方の祖父の頭髪が薄い場合には、近い将来AGAが発症する可能性が高いです。

 

ただ、予防目的として発毛剤を使うのはいけません。

 

発毛剤は医薬品なので、リスクが有るのです。

 

薄毛が発症していない時点では、育毛剤を中心に対処してくださいね。頭皮マッサージもおすすめです。

 

効果が得られれば、薄毛の発症を遅らせることもできます。

 

また、効果がしっかりと得られた場合には、薄毛を未然に防ぐことも出来るのです。