とっても気になる!薄毛が多い職業ってあるの?

職業別にハゲやすかったり、ハゲにくかったりがあるのでしょうか。

 

こちらでは、職業別の薄毛のなりやすさ、といったものについて詳しくお話します。

 

いま働いているアナタの職業にもしかしたら薄毛になる原因が隠れているかもしれませんね。

 

ちなみにAGAについては、遺伝性のものなので職業によって左右されることはまずありません。

 

その他の薄毛の原因が、どんな職業に関わってくるのかについてお話しします。

 

 

■企画やマーケティングに関わる職業の薄毛率が極めて高い!

 

・66.7%が薄毛であった!

 

※銀座HSクリニックによるアンケート結果より

 

企画やマーケティングになぜ薄毛が多いのでしょうか。

 

実は二つの原因が考えられます。

 

・目の酷使
・過剰なストレス

 

企画やマーケティングに作業に関しては、パソコン業務がかかせません。

 

企画立案のためにも、様々な表を作成します。

 

細かい数字をまとめ上げなければなりません。

 

目を使うことによって、髪の毛に使うべきシステインを目に大量に使ってしまうのです。

 

髪の毛の生成に大きな影響を与えてしまいます。

 

企画を発表するときには、高いストレスを与えられてしまいます。

 

上司から厳しい指摘をされてしまうこともあるのです。

 

高いストレスを身体に与えてしまうと、血行障害が起こります。

 

ストレスには、血管を収縮させてしまう作用が実際にあるのです。

 

髪の毛に質の良い栄養が送られにくくなり、毛の成長をストップしてしまうこともあります。

 

ストレス解消を心がけなければ、髪の毛だけでなく、冷え症など身体全体に関わる健康問題が出てきてしまうこともありますよ。

 

 

■その他の薄毛の高い職業とは?

 

・営業・・・56.7%
・技術職・・・49.4%

 

※銀座HSクリニックによるアンケート結果より

 

営業に関しては、高いストレスにさらされる事にもなります。

 

ノルマなどを設定されていることもあり、それを達成するために、遅い時間まで残業を繰り返している方も少なくありません。

 

ストレスは薄毛を招くので、注意すべき職業でもあります。

 

技術職に関しては、目の疲れが大きく関わっていると考えられます。

 

細かい作業を強いられることも多く、薄毛になりやすいタイプの職業なのです。

 

 

■出世意欲のある男性はハゲる?

 

・出生したい男性は仕事を頑張りすぎてしまう

 

実際に、出世したいと考える男性は、ハードな仕事を自らに課しているケースが有ります。

 

実際に出世意欲のある男性は、出世意欲のない男性に比べて薄毛率が高いことが分かっています。

 

仕事に力を入れすぎるのも髪の毛には良くないのです。