食生活改善によって発毛効果は見込めるだろうか

薄毛になった時に、まず生活環境の改善、といったことを行おうとする人が多いわけです。

 

その中でもとりわけ食生活の改善は多くの方がチャレンジします。

 

しかし、その多くが失敗している現実もあります。

 

こちらでは、どんな食生活が髪の毛に悪くて、どんな食生活が髪の毛に良いのか、といったことをお教えします。

 

薄毛に悩み始めてしまった方には必見のテーマですよ。

 

 

■髪の毛に悪い食生活例

 

・お肉やお菓子を摂取しすぎてしまっている

 

お肉には脂質が多く含まれています。

 

お菓子には油分が多く使用されています。

 

脂や油といったものは、身体にとっては非常に大きな負担になるのです。

 

大量に必要とされていないので、たくさん入ってくると排出しようとします。

 

その排出先が、便やおしっこといったものであれば、髪の毛に大きな問題がない、といった考え方もできます。

 

しかし、我々のお肌には皮脂腺といったものがあるのです。

 

脂を排出する先はお肌にもあるわけです。

 

特に我々の身体の中で多くの皮脂腺があり、しかも活発化しているのが頭皮です。

 

お肉やお菓子を大量に食べる方は、頭皮からも大量の皮脂が分泌されることになります。

 

頭皮から出た皮脂は、頭皮にいる菌が食べることになります。

 

たくさんの食べ物があると沢山繁殖して、頭皮が菌だらけの状態になるのです。

 

その菌の中には、ニキビの原因菌でもあるアクネ菌も入っています。

 

頭皮に炎症を引き起こしてしまい、髪の毛が抜けやすい状態を作ってしまうのです。

 

 

・アルコールの摂取をしすぎている

 

アルコールを大量に摂取すると、皮脂の分泌量が増える、といった状況をうんでしまいます。

 

さらに注意してしまうのが、肝臓に大きな負担を掛けてしまうことです。

 

肝臓に負担をかけてしまうと、頭皮におくるべき栄養が滞ってしまうのです。

 

身体にとって肝臓は非常に重要な働きをしており、飲み過ぎは絶対にやめて下さい。

 

 

■髪の毛に良い食生活例

 

・バランスの良い食生活を心がけること

 

お肉を食べたり、アルコールを飲んだりしてはいけない、といったわけではありません。

 

食べ過ぎと、飲み過ぎがいけないわけです。

 

アルコールに関しても、コップ1杯程度であれば、血行を促進するのでかえって健康によい、とまで言われているのです。

 

髪の毛にとっても血行が良くなるのは大きなプラスです。

 

バランスのよい食事ですが、外食をした時は野菜を積極的に頼む、といった対策でもかなり対応できます。

 

肉料理ばかりに目がいってしまいますが、その前にかならず野菜を頼み、食べた後に肉料理を注文する、といった癖をつけるべきです。

 

そもそも野菜にはビタミンやミネラルが豊富なので、頭皮環境を整える役割を果たしてくれるんですよ。