頭皮が硬くなる原因なの!?頭皮の糖化とは

最近話題になっているのが、頭皮の糖化、といったものです。

 

まだ広く知られては居ないのですが、薄毛の原因に関わっているのではないか、といった指摘も多くされており注目されています。

 

こちらでは頭皮の糖化についてまず解説します。

 

そして薄毛との関わりがあるのか、といったことを明らかにします。

 

 

■頭皮の糖化減少って何?

 

・皮膚の中の成分に影響が出てくる

 

頭皮も顔のお肌と同じように皮膚です。

 

その皮膚の中には、コラーゲンやエスラチンといったものが含まれているわけです。

 

それらの成分に糖化現象といったものが起こるとされています。

 

基本的には、それらの老化現象の一つ、といっても過言ではありません。

 

特に注目して欲しいのがコラーゲンになります。

 

頭皮の真皮層は、約7割がコラーゲンで構成されているのです。

 

そのコラーゲンの老化現象が起きたとすると、皮膚は大きなダメージを受けてしまったのと同じことですよね。

 

そしてエスラチン自体は、コラーゲンをつなぎとめている大事な成分でもあります。

 

それらに問題が起こると、お肌の弾力が一気になくなってしまうのです。

 

頭皮自体のハリがなくなってしまうのが、頭皮の糖化現象と言われているものです。

 

では、頭皮の糖化減少が起こると、実際にどのような症状が現れてしまうのでしょうか。

 

薄毛になってしまうようなことはあるのでしょうか。

 

 

■頭皮が糖化してしまうとどうなるの?

 

・頭皮の弾力がなくなり硬くなってしまう

・頭皮の血行が著しく悪くなる

・髪の毛が生えにくい状態になってしまう

・薄毛の発症

 

頭皮が透過してしまうと、お肌の弾力が一気になくなってしまうのです。

 

その結果、一気に頭皮が硬い状態になってしまいます。

 

たとえば、頭皮を指で抑えて前後左右に動かしても、動きにくいような状態です。

 

お肌に弾力がないといった状態とは、要は頭骸骨に皮膚が張り付いているだけの状況になっているのです。

 

皮膚と骨によって血管が圧迫されているような状態になり、血液の流れが鈍化してしまいます。

 

血液は髪の毛にとって生命線です。

 

髪の毛の栄養を送り込んでいるのが血液だからです。

 

血管が圧迫され血液の流れが悪くなると、髪の毛の成長が遅くなったり、細くなったり、といった影響が出始めてしまいます。

 

血行が大きく制限されてしまうと、毛母細胞自体が弱ってしまうことがあります。

 

血液による栄養が送られないので、休眠しているような感じになってしまうのです。

 

薄毛を防ぎたいのであれば、頭皮のアンチエイジング、といった対策も考えなければなりません。