話題の発毛成分:M-034を徹底調査してみた

一時期、非常に話題になった発毛成分があります。

 

M-034と呼ばれている成分ですが、現在でもいくつかの発毛剤に含まれています。

 

M-034はどんな発毛成分なのでしょうか。

 

薄毛に対してどんな効果をもたらしてくれるのか、といったことも含めてお話します。

 

 

■M-034って何だ?

 

・褐藻類に含まれている成分である

 

昆布やワカメ、そしてもずくといったものはネバネバとしていますよね。

 

そのネバネバに多く含まれる成分からエキスを抽出したのが、M-034と呼ばれるものなのです。

 

M-034については北海道のミツイシコンブを利用しています。

 

人の手で収穫し、しかも収穫時期にもこだわるといって手の込みようです。

 

製法に関しても、成分が劣化しないように短時間で生成するなど、高い技術が使われています。

 

 

・なぜ褐藻類のネバネバを利用するのか?

 

ネバネバには昔から非常に素晴らしい効果がある、と言われてきました。

 

たとえば褐藻類ではありませんが、山芋に含まれるネバネバの中にはムチンと呼ばれる成分が含まれています。

 

そのムチンには血管拡張作用があるなど、精力効果が高いことでも知られているんですよ。

 

褐藻類のネバネバに関しても、海藻自体の保護を目的として出していることがわかっているのです。

 

褐藻類も膿の中で傷ついてしまうのですが、その傷の修復に高い効果を発揮しています。

 

 

■M-034にはどんな発毛効果が期待できるの?

 

・髪の毛が太くなる
・髪の毛の成長期が長くなる
・抜け毛が抑制される

 

M-034には結構を促進させる血管内皮増殖因子(VEGF)といったものが含まれています。

 

髪の毛の栄養となる血液がしっかりと頭皮に行き渡ることで、髪の毛が太くたくましく成長するのです。

 

退行期誘導因子(FGF5S)といった物質を生成することも分かっています。

 

薄毛は、成長期が短く退行期が早くやってくることによって引き起こされてしまいます。

 

しかし、退行期誘導因子(FGF5S)があることで、退行期の抑制が達成され、成長期を引き伸ばし少しでも長い髪の毛の生成につながります。

 

外毛根鞘にもM-034が大きく関わります。

 

毛髪を成長させるためには外毛根鞘の正常化が必要になるわけです。

 

外毛根鞘に対する働きかけを行う能力をM-034は持っており、毛髪の成長を手助けしてくれます。

 

 

・頭皮環境を改善してくれる効果も期待できる

 

M-034は褐藻類自体の保護にも役立っているネバネバ成分から抽出された、と指摘しました。

 

実は人間のお肌に対しても、保護的な役割を果たしてくれることが分かっているのです。

 

保湿成分として知られているヒアルロン酸と同等の保湿力があり、頭皮の健康状態をアップしてくれます。