一緒じゃないの!?発毛剤と養毛剤と育毛剤の違いとは

薄毛に対処できるものとして、

 

・発毛剤
・育毛剤
・養毛剤

 

の3つがあるわけです。

 

すべて一緒のものだと思っていませんか?

 

たしかに薄毛の状態に対処する、といった目的には近いものがあります。

 

しかし、その中身は全く異なります。

 

こちらでは、発毛剤・育毛剤・養毛剤の3つについてどのような違いがあるのか、といったことを詳しく解説しますね。

 

 

■効果の強さの違いをチェックしてみた

 

《効果の強さ》
・発毛剤育毛剤>養毛剤

 

使われている成分に大きな違いがあります。

 

発毛剤には発毛医薬成分といったものが含まれています。

 

効果が公的に認められているものを利用しているのです。

 

発毛剤の中には、医薬品として使われていたものが転用されているケースもあります。

 

さらに臨床試験も実施されており、多くの人に効果があったものでなければ発毛剤の有効成分として利用はできません。

 

育毛剤や養毛剤に関しては、成分としては自然なものを利用しています。

 

植物性のエキスなどを活用しているのです。

 

ただ、育毛剤に関しては、医薬品や医薬部外品位指定された成分を使っている例もあり、養毛剤よりは高い機能があると考えられます。

 

発毛剤に準じた効果の強さがあるわけです。

 

養毛剤に関しては、化粧品に分類をされているので、確実な育毛効果がある、とは言い難いです。

 

主な効果の目的は、頭皮環境を整える、といったものです。

 

 

■副作用のリスクの違いをチェックしてみた

 

《リスクの高さ》
・発毛剤育毛剤養毛剤

 

発毛剤は効果が強いことが大きな特徴ですが、その代わりに副作用が出てしまう可能性が極めて高いです。

 

医薬品として使われていた医薬成分が転用されているので、もともとの機能といったものがあるのです。

 

たとえば、ミノキシジルに関しては血圧を下げてしまう作用があります。

 

フィナステリド(プロペシア)は前立腺肥大症の改善薬だったので、性機能に障害を与える副作用があるのです。

 

育毛剤と養毛剤に関しては、それほど高いリスクは内在していません。

 

植物性のエキスなど自然界にそのままあるものを抽出して利用しているのです。

 

頭皮に強い影響をあたえるような成分が含まれていないので、副作用が全くない、とする育毛剤や養毛剤もあるほどです。

 

そもそも育毛剤や養毛剤には、抗炎症作用や抗菌作用、そして保湿作用があるものもあるわけです。

 

頭皮の状態を健康にした状態で育毛効果を得ようとするものでも有るので、安全性は高いです。