脱毛の原因:DHT(ジヒドロテストステロン)の対処法

薄毛の男性が憎むべき相手は、ジヒドロテストステロン(DHT)です。

 

体内で生成される物質なのですが、前頭部から頭頂部にかけての毛根に作用し、毛の成長を止めてしまいます。

 

結果として、産毛程度にしか髪の毛が成長しなくなってしまいます。

 

こちらでは、そんな脱毛原因物質といえるジヒドロテストステロン(DHT)の対処方法をお教えします。

 

 

■ジヒドロテストステロンとの戦いは簡単ではない!

 

・遺伝と戦うことになる

 

ジヒドロテストステロンが多く生成される遺伝と、生成されにくい遺伝があるわけです。

 

ジヒドロテストステロンが生成されない遺伝がされた場合には、AGA(男性型脱毛症)は発症しません。

 

体内にあるものとの戦いになりますし、そもそも遺伝というものはあってしかるべきものなのです。

 

薄毛になる遺伝子を持っている人は、薄毛になっている状態が自然であり、フサフサであることが不自然な状態となります。

 

ですから、そう簡単に勝ち抜ける戦いではないことを、最初に理解して貰う必要があります。

 

 

■ジヒドロテストステロン対策方法を公開!

 

・発毛剤を利用するしかない

 

ジヒドロテストステロンは、育毛プリメントなどを利用したり、生活習慣を見直したり、育毛シャンプーを利用したからといって抑えられるわけではありません。

 

育毛シャンプーがブームですが、そもそもジヒドロテストステロンは頭皮環境には関係ないのです。

 

きれいな頭皮だろうと、汚い頭皮だろうとAGAは発症するときはしますし、しない時はしません。

 

上辺だけの対策は何の意味もなしません。

 

さらに、食べ物を変えることで男性型脱毛症対策になると思っている人も居ます。

 

しかし、一般的な食生活で体に入る栄養素程度では、ジヒドロテストステロンに大きな影響は与えられません。

 

そこで発毛剤を利用するしかない、といった結論が導き出されるわけです。

 

 

・なぜ発毛剤はジヒドロテストステロンに効果があるのか?

 

ジヒドロテストステロンに対する効果がある成分を特化して含んでいるからです。

 

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンと5αリダクターゼによって作り出されます。

 

発毛剤には、その一つの5αリダクターゼの活動を抑える成分が含まれているのです。

 

「男性ホルモンも抑えたらいいんじゃないの?」なんて思うかもしれませんが、ホルモンバランスを乱してしまうと体に大きな負荷がかかります。

 

さらに、多少の男性ホルモンをカットしたくらいではAGAの進行は止まらないのです。

 

だからこそ、5αリダクターゼに注目した発毛剤が多く作られ結果を出しています。