5aリラクターゼを抑える発毛剤を徹底調査してみた

男性型脱毛症は、男性にとっては非常に恐ろしいものです。

 

なんとかして対抗しなければなりません。

 

その男性型脱毛症の原因物質と言っても良いのが5αリダクターゼです。

 

実は、5αリダクターゼの働きを抑えられれば、男性型脱毛症にならずに済みますし、AGAが発症しても改善できる可能性が高まります。

 

こちらでは5αリダクターゼに対抗できる発毛剤の特徴について解説します。

 

 

■5αリダクターゼを抑えられる発毛剤に含まれている成分を教えて!

 

・フィナステリド
・ノコギリヤシ
・亜鉛
・アロエエキス
・柑橘エキスなど

 

上記した成分自体に、5αリダクターゼの働きを抑える作用があります。

 

これらの成分が含まれている発毛剤であれば、男性型脱毛症対策に特化したもの、と判断して間違いありません。

 

前頭部や頭頂部から薄くなる、といったAGA特有の薄くなり方をしている場合は、こちらで紹介した成分を有効活用すべきです。

 

ちなみに、

 

服用タイプの発毛剤に含まれているのが、フィナステリドや亜鉛、そしてノコギリヤシです。

 

塗布タイプの発毛剤に含まれているのが、アロエエキスや完結エキス、そしてノコギリヤシです。

 

ノコギリヤシについては、服用タイプと塗布タイプの両方に利用されています。

 

 

■5αリダクターゼを抑えられる成分の安全性が知りたい!

 

【安全性が高い成分】
・ノコギリヤシ
・亜鉛
・アロエエキス
・柑橘エキス

 

【安全性に少し問題がある成分】
・フィナステリド

 

フィナステリドだけは医薬発毛成分なので、副作用が多く報告されているのです。

 

前立腺肥大症の改善薬として作られた過去があり、転用されたわけなので、男性の前立腺に対する何らかの働きかけがある、と考えられるわけです。

 

実際に、フィナステリドが含まれている飲む発毛剤のプロペシアには、性的な副作用報告がたくさんあるわけです。

 

その他の紹介した成分に関しては、基本的に植物の抽出液や、我々が普段から摂取している成分です。

 

大きなリクスがあるわけではないので、安心して利用して下さい。

 

 

■5αリダクターゼの働きを抑える発毛剤の値段は高いの?

 

・ひと月あたり10,000円程度で販売されている

 

一般的な発毛剤の価格、といっても良いです。

 

それ程高額ではないので、比較的継続しやすいですよ。

 

また、ひと月10,000円といっても、使い方によっては2ヶ月持たせることも出来ます。

 

特に薄毛になっている部位の範囲が狭い方はそれ程大量に発毛剤を使わないので、コスパは良いですよ。