髪の毛を増やす方法〜失われた髪を取り戻す最強の髪育成法〜

 

朝、目が覚めたら枕元で抜けてる毛が増えてる…
お風呂で頭を洗ったら手に大量の毛が絡まっている…

 

このようなことが自分の身に起きて喜ぶ方はいないと思います。人間の見た目は十人十色ではありますが、その中でも髪の毛は人間の身体の頂点にあり、どうしても目立ってしまうので見られることは多く、そこに年齢を感じる人も多いと思います。そこで、昔のような強い髪を取り戻し、若さを取り戻すために髪の毛が薄くなる原因、髪の毛を増やすための方法、そして髪の毛の育成を促進してくれる製品を紹介していきます!

 

 

髪の毛を増やすためには、髪の毛を強くする!

 

人間の頭には毛根があり、そこから髪の毛が生えているということは皆さんご存知だと思います。その数は個人差がありますが、大体の人はおよそ10万個前後の毛根があります。毛根の数はある程度決まっているのに、なぜ人によって髪の薄い人と多い人の差が出てきてしまうのでしょう。それには「髪の毛のサイクル」と、「頭皮の環境」が関係してきます。

 

・成長期(2〜6年)
 髪の毛の成長期間。
・退行期(2週間)
 毛根が縮小していき、成長が止まる。
・休止期(3〜4か月)
 毛根が完全に縮小しきった状態。髪の毛が抜け落ちる期間

 

 

このように髪の毛も細胞のように、新しく生まれては消えるというサイクルを繰り返しています。しかし、とある物質により頭皮にダメージが与えられ、毛根内の働きが弱くなると成長期が短くなってしまい、髪の毛が十分に育ち切る前に休止期へと移行してしまうため、どんどん髪が薄くなってしまうのです。「髪のボリュームが減った」と感じるのも、髪の毛が以前より成長しきれていないことが原因です。

 

そして、このサイクルを正常に行うためには、その土台である頭皮の環境も重要です。植物で考えてみてください。硬くて乾燥している土と、柔らかく潤っている土では、後者の方が圧倒的に育ちがいいです。髪の毛も同様です。柔らかく潤っている頭皮の方が、栄養も行き渡りやすく、育ちやすい環境なのです。

 

つまり髪の毛を増やすためには、

 

・頭皮環境を良くする
・新しく生まれる髪を太く強くする
・弱くなった毛根を復活させる
・原因物質を抑制する

 

という働きをしていきましょう。

 

 

毛根の働きを弱めるジヒドロテストステロンを抑制して髪を増やす!

 

まずは、髪の毛のサイクルを乱す原因になっている物質の名前をはっきりさせます。その物質の名は「ジヒドロテストステロン」です。

 

この物質は、抜け毛の原因ランキングがあったら余裕の第1位に選ばれるであろう、髪にとってはとても迷惑な物質です…そのため、このジヒドロテストステロンを抑制することが、髪の毛を増やすための一番の近道です。

 

ジヒドロテストステロンとは、一般的に男性ホルモンと呼ばれている「テストステロン」と、頭皮中に存在している「5αリダクターゼ」が合体することによってできあがる、いわゆる「非常に強い男性ホルモン」です。この物質ができあがり皮脂を大量に分泌することで、毛根が詰まってしまい髪の毛のサイクルを大きく邪魔します。

 

そのため、ジヒドロテストステロンを発生させないための根本的な手段として、
・テストステロンの抑制
・5αリダクターゼの抑制
が挙げられます。

 

ここで1つ注意をすべき事が、ホルモンの一種であるテストステロンを大幅に抑制する事は、男女関係なく体に大きな負担を与えることになり、体調不良、そしてうつ病などの症状を引き起こしてしまうことがあります。なので5αリダクターゼの抑制が一般的に推奨されています。

 

 

5αリダクターゼの抑制には「育毛剤」がおすすめ

 

この5αリダクターゼは頭皮に存在している物質のため、抑制物質をサプリメントなどで体内に摂り入れてから改善するよりも、頭皮に直接働きかけた方が効果があります。

 

そこで近年、「オウゴンエキス」という成分が5αリダクターゼの抑制に効果がある事が発表され、その髪を増やす効果を高めるオウゴンエキスを含む育毛剤が増えてきています。発生元である頭皮に直接塗布することができるため5αリダクターゼを抑制する効果も高いです。服薬により5αリダクターゼの発生を阻止する薬などもありますが、副作用が非常に強いため推奨はできません。

 

 

発毛効果のある育毛剤の成分

 

・育毛成分の頂点だった「ミノキシジル」
育毛剤の成分の中でも珍しい「発毛成分」が含まれており、育毛界で長らく頂点に存在していた「ミノキシジル」という成分を皆さんは聞いたことがありますか?ミノキシジルは元々アメリカで開発された、血管を拡張し血圧を下げるための薬として使われていた成分でしたが、その薬を飲み続けていた患者の体毛が濃くなる副作用を発症したことで、育毛剤としての開発がはじまりました。

 

ミノキシジルが配合されて完成した育毛剤は絶大な発毛効果があったものの、元々は血圧を下げることが目当ての成分
なので
×皮膚のかぶれ
×頭痛
×体重の増加
など血圧が変動することによる副作用が大きく見られました。

 

・ミノキシジルと同等の成分で副作用の無い「M−034」
一方、北海道に生息する「ミツイシコンブ」から抽出された「M−034」という天然成分は、近年の研究で前述のミノキシジルと同等の発毛効果があるということが発表されました。

 

 

このM−034の嬉しい所は、ミノキシジルと同等の発毛効果がありながら、懸念されていた副作用が全くない所です。これまでの育毛業界の常識を変える、安全に使えて信頼感も高い成分であると言えます。

 

 

■髪を増やすことに特化した育毛剤「BUBKA」

 

 

・業界初、アルコールカットと頭皮の柔軟性にアプローチ
BUBKAでは育毛剤の業界で初めて頭皮を柔らかくさせることに着目し、まず育毛成分を浸透させやすい頭皮を整えることを重要視しました。
それまで頭皮の血管を拡張するために他の育毛剤では使用されることの多かったアルコール成分をカットし、頭皮へのダメージを減らす事ができます。さらにアルコールにより水分が蒸発してしまう可能性も減ったため保湿力を上げることができ、塗布後の頭皮の乾燥を防げることも特徴です。

 

・極小成分でさらに浸透力アップ!
従来の育毛剤では、成分の分子が大きかったことにより、髪の毛や頭皮を覆う皮脂に阻まれ、毛根にまで成分が行き届きにくい状態でした。そこをBUBKAでは従来の分子の大きさの1/3のサイズで作り上げることにより浸透力をアップさせることに成功しました。

 

・業界1位のM−034配合量
独自開発の「ナノリッチ製法」により世界初の濃密配合化を成功させ、従来より60%増量し業界1位の配合量を実現しました。前述の通り、希少な発毛成分であるM−034をふんだんに取り入れることで、髪の毛を増やしていきます。

 

・付属のサプリで育毛をさらにサポート!
タンパク質を髪の毛に作り上げるために必要な亜鉛や、髪の毛のヘアサイクルを安定させるイソフラボンなどが含まれているサプリを平行して飲むことで育毛剤の吸収力をより高めていき、抜け毛を防止して、育毛を促進していく働きをします。育毛剤で外面から、サプリで内面からという二段構えでサポートしていきます。
※サプリのみの単品購入も可能ですが、BUBKAの育毛剤を定期購入すると毎月無料で付属するためお得です。

 

・初回のみ、本格スカルプシャンプーもついてくる!
頭皮に存在する皮脂は完全に洗い落としてしまうと、足りない分を補充しようとするため洗い落とす前よりも過剰に分泌されることになります。そのため、完全に皮脂を落とすのではなく、ワックスや皮脂を優しく洗い流すことをとことん追求した、本格スカルプシャンプーがついてきます!

 

濃密なアミノ酸成分で洗浄することにより、スカルプシャンプー特有のパサパサ・ギシギシを抑え、頭皮が傷つくことを防ぎます。

 

 

まとめ

 

この濃密育毛剤BUBKAでは、育毛剤を浸透させる前の頭皮の環境からしっかりと整え、それでいて充分な成分を浸透させて確実な効果を得ようとしていることがわかると思います。日頃のシャンプーや食生活に気を付けて、今ある髪を維持することはできるかもしれませんが、それだけで髪を増やそうとするとなるとかなりの労力が必要になります。

 

そのため頭皮環境を整え、強い髪の毛を作り上げる濃密育毛剤「BUBKA」で内面と外面両方から発毛を促進し、髪の毛を増やす手助けをしていきましょう!

 

 

 

強い髪を作れる育毛剤BUBKAはこちら>>>>