薄毛に悩む30代・40代はまだ発毛するのか

30代・40代は薄毛に悩む方が増える年代です。

 

この年代の方はまだ発毛するのでしょうか。

 

 

30代から薄毛が気になる

 

30代〜40代は、薄毛が進行しやすい年代といわれています。

 

生え際が後退してきた、頭頂部が薄くなってきたと感じる方が多いのではないでしょうか。

 

日本医事新報によると薄毛が気になりだした平均年齢は33.6歳となっています。

 

具体的な薄毛が気になりだした年代は以下の通りです。

 

20歳未満2.5%、20歳代31.0%、30代36.5%、40代22.5%、50代7.5%。

 

以上からわかる通り、30代〜40代で薄毛が気になる方は、平均的な年代で薄毛が気になりだしていると考えることができます。

 

 

 

薄毛の原因は男性型脱毛症

 

男性の薄毛に多い原因が男性型脱毛症です。

 

いわゆるAGAと呼ばれるもので、男性ホルモンの乱れが原因と考えられています。

 

男性型脱毛症になると、生え際や頭頂部の髪の毛が短く、細くなり、軟毛が増加します。

 

やがて生え際が後退し、頭頂部が薄くなります。

 

男性に多い禿げ方で、以上が当てはまる方は男性型脱毛症かもしれません。

 

残念ながら男性型脱毛症は進行性です。

 

放置していると薄毛が確実に進みます。

 

 

30代・40代はまだ発毛するか

 

30代・40代で発毛する方の多くが男性型脱毛症といわれています。

 

男性型脱毛症の問題は、男性ホルモンの影響でヘアサイクルが短くなることです。

 

つまり、本来であれば太く育つ髪の毛が、産毛のような常置で抜け落ちるため薄毛になっています。

 

この問題を抱えている方は、ヘアサイクルを正常に戻すことで再び発毛すると考えられます。

 

30代・40代は薄毛になりやすい年代ですが、ヘアサイクルを司る毛母細胞はまだまだ元気なことがほとんどです。

 

働きを阻害している原因を取り除けば発毛は期待できます。

 

 

 

30代・40代の発毛対策

 

30代・40代の方には発毛を促す様々な選択肢が残っています。

 

単に生活環境が乱れているため、薄毛が進んでいる方であれば、育毛剤を使用し頭皮環境を整えることで発毛が期待できるかもしれません。

 

男性型脱毛症の方であれば、男性ホルモンの働きを抑制する育毛剤や発毛剤を使用することで一定の効果が期待できます。

 

さらに専門的な対策を取りたい方はAGA外来を受診するとよいでしょう。

 

いずれにせよ、まだまだ出来ることが豊富に残された年代であることは間違いありません。

 

まずは身近な生活習慣の改善から取組み、育毛剤や発毛剤、AGA治療などを検討するとよいでしょう。


生活習慣とAGAに注意!30代の髪の悩みの原因、そして対策

30代で薄毛が発症してしまうと、いわゆる「若ハゲ」と言われてしまいます。

 

日本人は、30代の薄毛率は非常に低い傾向にありますからね。

 

肩身の狭い思いをしてしまうのです。

 

しっかりと薄毛対策をしなければならないわけですが、やはりまずは原因を突き止めることです、何故30代が薄毛を発症してしまうのでしょうか。

 

さらにどのような対策をすべきなのでしょうか。

 

詳しく解説します。

 

 

■30代の薄毛の原因を作っているものとは?

 

・悪い生活習慣に注意

 

30代は生活が乱れる時期でもあります。

 

20代の時も確かに乱れた生活を送っている人もいるかもしれません。

 

しかし、20代と30代では大きく違うのです。

 

20代の時であれば、それほど体に影響は出ません。

 

まだまだ若いですし、体力もあります。

 

一方で、20代の時と同じような生活を30代でしてしまえば、同じような結果となるわけがありません。

 

例えば、暴飲暴食を30代がしてしまうと身についてしまいますよね。

 

実は暴飲暴食も薄毛の原因となりかねません。

 

脂っこいものを食べると、皮脂が大量分泌され頭皮環境を悪化させてしまいます。

 

夜型の生活を送っている人もいると思いますが、睡眠不足も実は薄毛の原因になるのです。

 

ストレスが溜まってしまい、血行が阻害されてしまいます。

 

 

・AGAの影響が出始める人が多い

 

20代の時はまだAGAの発症率が低いです。

 

しかし、30代になると少しずつ増加し始めます。

 

特に30代なかばくらいから発症率が高まり始めるわけです。

 

AGAは遺伝なので、いつかは薄くなるのですが、30代後半になるとその前兆が出てくるケースが多くなります。

 

 

■30代の薄毛の対策法が知りたい!

 

・生活態度を改めること

 

暴飲暴食を控えて下さい。髪の毛に良いとされるビタミンやミネラルなどをたくさん摂取する食生活に切り変えるのです。

 

野菜を積極的に食べて、肉の摂取量を抑える、といったことも考えるべきです。

 

睡眠時間の確保も大事です。

 

睡眠のゴールデンタイムが午後10時から午前2時と言われていますが、その時間帯に寝ているような生活を送って下さい。

 

 

・AGA対策を中心に行うこと

 

男性型脱毛症は、男性ホルモンと5αリダクターゼと呼ばれる物質が結合してできるジヒドロテストステロンといった物質によって引き起こされます。

 

発毛剤には、そのうち5αリダクターゼに作用する成分を含んだものが多いのです。

 

フィナステリドといったものやノコギリヤシといったものを含んでいるものが、AGAに特化した発毛剤なので、利用を検討して下さい。


ストレスとAGAのダブルパンチ!40代の髪の悩みの原因と対策法

40代といえば、薄毛が最も進行しやすい年代とされています。

 

30代まで薄毛になっていなかった方であっても、40代に入ると、少しずつ髪の毛が薄くなり始めてしまうのです。

 

中には、一気に禿げ上がってしまう人もいるほどです。

 

こちらでは、40代の髪の悩みの原因を徹底調査しました。

 

その上で解決法について詳しく解説します。

 

 

■40代男性の髪の毛が薄くなってしまう原因

 

・仕事のストレスが最も高まる時期である

 

40代といえば、ある程度出世もしてくると思います。

 

中間管理職的な辛さもあるわけですよね。

 

部下の話も聞かなければなりませんし、上からのプレッシャーもあるわけです。

 

責任のあるプロジェクトを任せられる機会も増えてしまい、高いストレスを感じながら生活していくことになります。

 

実は、そのストレスが薄毛の原因となってしまいます。

 

ストレスには、血管を収縮する作用があります。

 

血管を細くして、血液の流れる量を制限してしまうのです。

 

太い血管には血液が流れるわけですが、血液が送られる量が少なくなってしまえば、毛細血管まで効率的に血液が流れなくなります。

 

頭皮の髪の毛に栄養を送っている血管にまで血液が届きにくくなり、結果的に髪の毛の栄養が少なくなってしまうのです。

 

 

・AGAの勢いが増す時期である

 

男性型脱毛症の影響を受け続けた頭皮の毛母細胞がちょうど弱り始める時期に当たります。

 

長期的に、脱毛物質のジヒドロテストステロンの影響を受けていることになるので、髪の毛が弱っているのです。

 

脱毛が加速する時期としても知られており、AGA対策は必須となります。

 

 

■40代の男性が薄毛対策としてすべきこととは?

 

・睡眠時間を確保すること

 

いくらストレスを溜め込みたくないからといって、仕事をやめることは出来ませんよね。

 

仕事をしつつも、ストレスの影響を少しでも少なくする必要があります。

 

ストレスの解消には様々な方法があるのですが、最も効率的なのがしっかりと眠ることです。

 

睡眠時間が少ないと、起きている時にたまってしまったストレスが開放されません。

 

ずっと溜め込んでいるような状態になってしまうのです。

 

理想的な睡眠時間は1日あたり7時間程度です。

 

週末に寝溜めする、といったことはしないで下さい。

 

寝溜めをしても良い結果は得られませんよ。

 

平均的に1日あたり7時間の睡眠を取るのがベストです。

 

 

・AGA対策を実行すること

 

飲む発毛剤と塗布型の発毛剤を利用するべきです。

 

飲む発毛剤はプロペシアと言い、体内から脱毛原因物質の発生を抑えてくれます。

 

塗布型発毛剤で頭皮環境や血行などを良くして、相乗効果を期待するわけです。