50代・60代の薄毛の原因と発毛対策@諦めないことが大切!

薄毛に悩む50代の方でも、発毛することは出来るのでしょうか。

 

この点について解説します。

 

 

代謝が衰える50代

 

50代を迎えると、様々な身体の機能が衰えます。

 

頭髪に関しても、衰えを実感する方が多いはずです。

 

この年代になると、髪の毛が細くなり、抜け毛が多くなる方が増えます。

 

髪の毛が細くなり、抜ける原因は男性型脱毛症のようです。

 

とある調査によると、年を重ねるほど男性型脱毛症の発症率が高くなることがわかっています。

 

同調査の結果によると、50代の44%がAGAを発症しているそうです。

 

つまり、男性型脱毛症の影響で、髪の毛が細くなり、抜け毛が増える方が多くなるのです。

 

 

 

50代にも発毛剤は効果がある?

 

男性型脱毛症の影響で抜け毛が増えている場合、50代の方であっても、男性ホルモンの働きを抑制することで抜け毛が抑制できると考えられます。

 

現在では、男性ホルモンの働きを抑制する成分を配合した発毛剤が登場しています。

 

抜け毛にお悩みの方はこちらをお試しになるとよいでしょう。

 

ただし、この成分は抜け毛を誘発している原因に作用するのみです。

 

使用を継続することでヘアサイクルが正常に戻り発毛が見られる方もいますが、基本的には発毛は期待できません。

 

特に、50代の方は毛母細胞の機能が衰えているため、脱毛を抑制するだけでは発毛を期待しづらいことがあります。

 

 

 

しかし50代でも発毛はできる

 

毛母細胞の機能が衰えていることが多いので、50代の発毛は20代・30代の発毛より難しいといわれています。

 

しかし、頭皮の血行を改善する、頭皮の状態を整備するなどの対策を取れば発毛することは可能です。

 

実際に、50代・60代で薄毛が劇的に改善した方は少なくありません。

 

20代・30代よりもケアが必要かもしれませんが、50代でも発毛することはできます。

 

 

 

発毛を促進することが重要

 

薄毛に悩む50代の方は、抜け毛をストップするとともに、発毛を促進することが重要です。

 

この点を重視して発毛剤を選ぶとよいでしょう。

 

発毛剤の中には、毛包を育てる効果が期待できるものなどがあります。

 

こうした製品であれば、細胞の働きが衰えた50代であっても効果が期待しやすいかもしれません。

 

加えて、頭皮環境や生活習慣を整えることも重要です。

 

20代・30代に比べて細胞の力が衰えているので、出来るだけ発毛剤が効果を発揮しやすい環境を作りましょう。

 

しっかりと対策を練れば、50代でも発毛はできます。

 

諦めるには早すぎる年代なので、薄毛が気になる方は発毛対策に取り組むとよいでしょう。


AGA?血行不良?50代の髪の悩みの原因と対策

50代から急激に髪の毛が薄くなってしまう男性も居ます。

 

40代までそれ程薄くならなかったので自分は平気、と思っていた方であったとしても薄毛化してしまうことはあるのです。

 

何故50代で急激に薄くなってしまうのでしょうか。

 

その原因と対策方法をお教えします。

 

 

■50代男性に薄毛が発生してしまう原因

 

・AGAと血行不良のダブルパンチの可能性あり

 

AGAに関しては、30代や40代が中心と思っている方も居ますが、実は発症する年代には個人差があるのです。

 

30代や40代は維持できていたとしても、50代に入って急激に髪の毛が抜けるケースも少なくありません。

 

AGAの発症は50代からでもありえる、ということは覚えておくべきです。

 

もう一つ注目して欲しいのが血行不良です。

 

40代から血圧に変化が出始めてくるものですよね。

 

高血圧の症状が出て、50代になると薬をのむ、といった方もいます。

 

血圧が原因の血行不良によって髪の毛に栄養が送られにくくなる、といったケースが実際に多いのです。

 

髪の毛に栄養が送られなくなると、髪の毛のボリュームがなくなります。

 

髪の毛の1本1本が細くなってしまいますし、髪の毛が伸びにくくなってしまいます。

 

以上のAGAと血行不良が大きく関連して50代の薄毛が発生してしまうケースが増えています。

 

しっかりと対策をして髪の毛を維持しなければなりません。

 

 

■50代の男性の薄毛をストップする方法

 

・AGA治療を実施すること

 

発毛剤や育毛剤を積極的に利用することが大切です。

 

発毛剤に関しても、日々新しいものが生み出されているのです。

 

例えば、あの発毛医薬成分と同じような効能があるとされる育毛成分ピディオキシジルやキャピキシルといったものも出てきました。

 

以前利用していた発毛剤が効かなかったとしても、いま新発売されているタイプの発毛剤であれば効くかもしれないのです。

 

しかも、発毛剤にはAGAだけでなく幅広い効果があります。

 

血行不良にも対処できますし、頭皮環境の改善効果、といったものも得られるわけです。

 

 

・血行不良の対策も行うこと

 

頭皮マッサージを行ないましょう。

 

頭皮マッサージには育毛効果があることもわかってきました。

 

頭皮の血流が増加し、髪の毛が成長しやすい環境を作り出すことが出来るようになるのです。

 

頭皮マッサージは、発毛剤をつけた時に一緒に行うのが良いとされています。

 

また、手が汚れていると、頭皮環境を悪化させてしまう可能性も有るので、からなず手を洗ってきれいな状態にしてから頭皮マッサージを実行すべきです。


60代の髪の悩みの原因と対策法が知りたい!

60代になると日本人男性の半数以上に薄毛が見られるようになります。

 

こちらでは、60代の男性に薄毛が発症する原因、そしてその対策法について解説します。

 

60歳になってから薄くなり始めてしまった、といった方は必見です。

 

 

■60歳の薄毛の原因はAGAでない可能性あり

 

男性の薄毛の原因は、基本的に男性型脱毛症です。

 

薄毛になっている男性の、70%や80%以上が男性型脱毛症の影響を受けているのです。

 

しかし、その状況に変化が加えられるのが60歳以上からです。

 

60歳以上になると、他の原因の薄毛といったものが出てきます。

 

 

・老年性脱毛症の登場

 

年齢が高くなるにつれて、体に様々な症状が現れてきます。

 

その一つが血行障害です。

 

血液がドロドロになってしまうこともあれば、血管が収縮気味になって高血圧になっている方も少なくありません。

 

髪の毛は血液によって栄養が送られます。

 

そのおかげで成長しているわけです。

 

しかし、血管や血液に問題が起こると、その髪の毛への栄養が滞ってしまう可能性があります。

 

そんな状況によって薄毛が発生してしまうことを、老年性脱毛症とよんでいるのです。

 

老年齢脱毛症は他の呼び方としては「びまん性脱毛症」といったいわれ方もしています。

 

病院から、「血圧が高めですね」といった指摘を受けたことがある方は、薄毛になってしまうことも有るので十分に気をつけましょう。

 

 

■老年性脱毛症(びまん性脱毛症)に対処するにはどうしたら良いのか?

 

・血液や血管を健康にする

 

血液の質を良くするためには、まずは食生活の改善が必要です。

 

脂っこいものや塩気の強い食べ物が好き、といった方は注意しなければなりません。

 

例えば、洋食が好き、といった方であれば和食に切り替えてみるのです。

 

ただ、和食に関しても少し塩分が強いものも有るので気をつけて下さい。

 

定期的な運動もしなければなりません。

 

運動をすると、全身に効率的に血液を送らなければならないので血管が拡張するのです。

 

その結果、頭皮の毛細血管にも血液が送られるようになり、血行的な髪の毛が生えやすくなります。

 

 

・発毛剤や育毛剤を利用する

 

発毛剤や育毛剤はAGAの対処のためだけにあるわけではありません。

 

実は血管拡張作用に注目したものも有るので、老年性脱毛症を発症してしまった60代の方にも有効なのです。

 

発毛剤であれば、ミノキシジルといった成分が含まれていますし、育毛剤であればセンブリエキスやトウガラシエキスなどが血行促進成分として含まれています。