薄毛対策に取り入れたい自分でできる頭皮ケア

薄毛対策に取り組んでいる方は、自分でできる頭皮ケアに取り組むとよいかもしれません。

 

具体的な方法をご紹介いたします。

 

 

頭皮ケアの重要性

 

薄毛対策というと頭髪のことを気にする方が多いですが、頭髪は頭皮から栄養を受け取り成長しています。

 

つまり、頭皮環境が悪いと、頭髪をケアしても健康な髪は育ちません。

 

健康な頭髪を育てたい方は、健康な頭皮作りから行う必要があるのです。

 

 

 

頭皮ケアの基本はシャンプー

 

頭皮ケアは育毛剤などで行うことができますが、自分でできるケアもあります。

 

薄毛対策に取り組む方は、育毛剤などと並行して自分でできる頭皮ケアを行いたいところです。

 

頭皮ケアの基本はシャンプーです。

 

頭髪を洗うものと思われがちですが、シャンプーは頭皮を洗うものです。

 

頭皮には一日の活動で溜まったホコリや皮脂が付着しています。

 

これらを適切に取り除かないと毛穴のつまりにつながり、抜け毛の原因になります。

 

毎日のシャンプーで頭皮の汚れを確実に取り除きましょう。

 

 

 

正しいシャンプー方法

 

とはいえ、頭皮を力いっぱい洗えばよいというわけではありません。

 

刺激が強すぎると過剰な皮脂の分泌を招きます。

 

頭皮ケアに取り組む方は、洗浄力がマイルドなシャンプーで優しく頭皮を洗いましょう。

 

スーパーやドラッグストアで市販されている石油系シャンプーは、洗浄力が強すぎます。

 

できれば不要な皮脂と汚れだけを落とすスカルプシャンプーなどを利用しましょう。

 

 

 

洗髪時は、温かいお湯で2分程度予洗いをします。

 

ここで7割程度の汚れを落とすとともに、頭皮の血行を促進します。

 

続いてシャンプーをとり、手のひらで泡立ててから頭皮に塗布します。

 

指の腹などで頭皮をマッサージするように洗います。

 

十分に洗えたら、しっかりとすすぎましょう。

 

洗髪が終わったら、タオルで押さえるように水分を吸収します。

 

その後、必ずドライヤーで乾かしてください。

 

ドライヤーは、10cm以上はなして8割程度を目安に乾かします。

 

ドライヤーの使いすぎも乾燥を招くので厳禁です。

 

以上のシャンプーを行えば、健康な頭皮環境が取り戻せるでしょう。

 

 

 

実は効果絶大!頭皮マッサージ

 

シャンプーと同じく、頭皮ケアに取り入れたいのが頭皮マッサージです。

 

迷信程度と考えているかもしれませんが、花王株式会社ビューティーケア研究センターの調査では、6カ月の頭皮マッサージで髪の密度が6%増加する結果が得られています。

 

この調査では朝とシャンプー時、就寝前に頭皮マッサージを実施しています。

 

あくまでも一つの調査結果ですが、取り入れて損はなさそうです。

 

以上の頭皮ケアで頭皮環境を改善できるかもしれません。

 

薄毛対策に取り組む方は健康な頭皮作りから始めましょう。