若ハゲに効果がある発毛剤や育毛剤の特徴とは

若ハゲは、多くの男性にとって大きな悩みごとになります。

 

若ハゲに効果的な発毛剤や育毛剤はどのようなものなのでしょうか。

 

 

 

悩みが大きい若ハゲ

 

若ハゲとは、文字通り若くしてハゲることを言います。

 

若ハゲと呼ばれる理由は、薄毛に悩む年代ではないのに禿げるからです。

 

年齢的には若い方が禿げるので、大きな悩みにつながることが多いといわれています。

 

 

 

若ハゲの特徴

 

若ハゲといわれる方は、生え際や頭頂部から脱毛が進行することが多いようです。

 

人によっては双方から脱毛が進行することもあります。

 

このような特徴が見られる理由は、共通した原因により抜け毛が生じているからです。

 

若ハゲになる方の脱毛部には高濃度のDHTが見られます。

 

DHTは男性ホルモン「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素により変換されることで生まれる男性ホルモンです。

 

このホルモンは、ヘアサイクルの成長期を短くすることがわかっています。

 

DHTの影響を受けた頭髪は、十分に育つことができないので、産毛のような状態で抜け落ちることになります。

 

その結果、若ハゲになるのです。

 

 

 

若ハゲに効く発毛剤・育毛剤

 

ほとんどの若ハゲが男性ホルモンの影響を受けていると考えらえています。

 

つまり、

 

男性ホルモンが若ハゲの原因なので、この働きを抑制することができれば若ハゲを抑えることができます。

 

現在では、男性ホルモンの働きを抑える発毛剤や育毛剤が登場しています。

 

例えば、発毛剤として有名なプロペシアは若ハゲの原因であるDHTを抑制する薬剤です。

 

こちらを利用すれば、脱毛の原因に直接働きかけることができるので、脱毛がストップします。

 

ヘアサイクルが正常に戻れば、再び発毛も期待できるといわれています。

 

この他、ミノキシジルも効果的な発毛剤として知られています。

 

こちらは頭皮の血行を改善する薬剤です。

 

また、発毛を促す効果があることでも知られています。

 

プロペシアとミノキシジルは、特に若ハゲに効果のある発毛剤といわれています。

 

 

 

そのほかの発毛剤・育毛剤

 

以上の他にも若ハゲに効果があるといわれる発毛剤はあります。

 

若ハゲに効果がある発毛剤には、男性ホルモンの働きを抑制する成分と、血行を促進する成分が配合されていることが多いようです。

 

これらが配合されていると、脱毛の原因に働きかけながら、毛根を刺激することができます。

 

若ハゲにお悩みの方は、以上の基準を参考に発毛剤、育毛剤を選ぶとよいでしょう。