薄毛対策に活用したい髪に良いといわれる食べ物

毎日の食生活は、頭髪の状態に影響を与えると考えられています。

 

ここでは、髪に良いといわれる食べ物をご紹介いたします。

 

 

 

食生活の乱れが髪に与える影響

 

私たちの髪は、摂取した食べ物の栄養をもとに作られています。

 

毎日の食事が乱れると、髪の成長に必要な栄養が不足する可能性があります。

 

また、毎日の食事の乱れは、ホルモンバランスの乱れを招きます。

 

髪の毛の成長に必要な栄養が不足し、ホルモンバランスが乱れると、抜け毛が増えるなどの影響が現れるかもしれません。

 

これらのことからわかる通り、食生活の乱れは髪に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

 

 

薄毛が気になる方は食生活の見直しを

 

抜け毛や薄毛に悩む方は、食生活を見直すとよいかもしれません。

 

毎日の食事から、髪の成長に欠かせない栄養を摂取しているでしょうか。

 

髪は主にアミノ酸から構成されています。

 

つまり、タンパク質が不足すると髪が作りだせません。

 

加えて、ビタミンやミネラルは、髪を作りだす補助をする栄養素です。

 

良質なタンパク質とビタミン、ミネラルを摂取していることを確認しましょう。

 

併せて、食生活の乱れもチェックしてください。

 

規則正しい時間に食事をとることで、ホルモンバランスの乱れが防げると考えられています。

 

不規則な時間に食事をとっていないでしょうか。

 

摂取する栄養素と合わせて、食生活の見直しも必要です。

 

 

 

髪に良い食べ物をご紹介

 

健康な髪を育てるには良質なたんぱく質とビタミン、ミネラルが欠かせません。

 

具体的には以下の食材がお勧めです。

 

タンパク質は髪の主な原材料になります。

 

タンパク質を含む豊富に含む食べ物は、鶏のササミや白身魚、大豆、乳製品などです。

 

積極的に摂取しましょう。

 

髪の毛を生成する際に亜鉛が必要になるといわれています。

 

亜鉛を豊富に含む食べ物は牡蠣です。

 

しかし、1年を通して食べることは難しいはずです。

 

豚肉のレバーや卵黄、ゴマ、ワカメなどにも亜鉛が含まれているので、これらを積極的に摂取するとよいでしょう。

 

摂取した栄養素を毛根に届けるには、頭皮の血行改善が必要です。

 

ビタミンEには血管を拡張する働きがあります。

 

摂取した栄養を髪に届けるため積極的に摂取しましょう。

 

ビタミンEを含む食べ物は、アーモンドなどの種実類、魚卵、モロヘイヤなどです。

 

これらの食べ物が髪に良いといわれています。

 

健康な髪を育てるためには、バランスの良い食事と規則正しい食生活が重要です。

 

以上を基本としつつ、髪に良いといわれる食べ物を取り入れてみてはいかがでしょうか。


大豆?トウガラシ?髪の毛を増やす食べ物とは

髪の毛を増やす、とされている食べ物がいくつもあるわけです。

 

たとえば海藻類などがその代表格ですよね。

 

こちらでは、そんな髪の毛を増やすとされる食べ物で、特に信憑性のあるものを紹介します。

 

果たして、あなたが育毛のために一生懸命食べている食品に髪の毛が増える要素はあるのでしょうか。

 

 

■大豆製品とトウガラシのコラボが髪の毛に効く!

 

・大豆製品の豊富な機能に注目

 

髪の毛は何から作られているか知っていますか。

 

その体部分はタンパク質で、そのタンパク質を構成するためにアミノ酸が利用されているのです。

 

ですから、タンパク質とアミノ酸の摂取量が少なくなってしまえば、髪の毛が生えてこない、といった可能性も考えられるわけですよね。

 

特に注目して欲しいのがタンパク質です。

 

タンパク質はお肉や大豆製品に多く含まれているのですが、肉は脂質なども多く含んでいるので健康を害してしまう可能性もあります。

 

しかし、大豆製品であれば、高タンパクで低カロリーなので健康に大きな負担をかけることもありません。

 

大豆製品には育毛機能として他にも注目の機能があります。

 

それは、女性ホルモンに似た作用がある、といったことです。

 

女性ホルモンには、髪の毛の成長期を長くする、といった機能があります。

 

大豆に含まれるイソフラボンを摂取すると女性ホルモンに似た働きをして、髪の毛の成長期が伸びる、といった可能性もあるのです。

 

 

・トウガラシを食べると血行が促進される

 

トウガラシを摂取すると、身体があたたまるようになりますよね。

 

血行が促進されて、全身が暖かくなるわけです。

 

トウガラシにはカプサイシンといった成分が含まれており、血管を拡張してくれます。

 

実はその機能が育毛に大きな役割を果たしてくれるのです。

 

髪の毛は血液によって栄養が送られているので、血行が良くなると髪の毛が成長しやすくなります。

 

髪の毛が太くなることもあり、高い育毛効果が期待できるのです。

 

 

・イソフラボンとカプサイシンの相乗効果に注目

 

大豆製品とトウガラシを一緒に摂取すると、頭皮の中にIGF-Iという物質が増えることが分かっています。

 

IGF-Iには毛母細胞を刺激する、といった役割があり、休眠状態の毛母細胞が再び活性化する可能性が指摘されているのです。

 

 

■コラーゲンが含まれている食品を摂取しよう

 

・コラーゲンに髪の毛を太くする機能あり

 

米国で行われた実験によると、コラーゲンを摂取した被験者の髪の毛が平均して10%太くなった、との結果が出たそうです。

 

薄毛はまず髪の毛が細くなることから症状が現れ始めます。

 

初期の薄毛の方にはコラーゲンの入った食品を積極的に食べる、といったことがおすすめですよ。

 

《コラーゲンが多く含まれる食材例》
・すっぽん
・フカヒレ
・エイヒレ
・豚足
・鶏の皮
・牛ずじ
・牛テールなど


わかめ、昆布は効果なし?髪の毛が元気になる最新食材を要チェック

海の幸である昆布やわかめに育毛効果がある、と昔から信じされてきました。

 

しかし、育毛効果はないことが分かっています。

 

確かに、育毛に役立つ成分はそれらの海の幸に含まれています。

 

しかし、髪の毛が太くなるような直接的な効果はありません。

 

こちらでは昆布やわかめと違って、育毛効果が期待できる食べ物について解説します。

 

 

■コラーゲン量の多い食材に育毛効果あり

 

・コラーゲンに髪の毛を太くする作用あり

 

コラーゲンを一定量を被験者に摂取させたところ、髪の毛が10%太くなることが証明されています。

 

髪の毛が10%太くなることについて対しかことがない、と思っている人がいたら大間違いです。

 

薄毛になっている方も髪の毛は生えているわけです。

 

しかし、その大半が産毛状態になっていることが問題なのです。

 

その産毛が太くなったらどうでしょうか。

 

大きな戦力となってくれますよね。

 

薄毛の症状も治まって見えるわけです。

 

コラーゲンには実際に大きな期待が出来るのがわかってきました。

 

問題はどんな食材を摂取するのがおすすめなのか、といったことです。

 

コラーゲンといえば高級食材は思い浮かびますが、毎日は流石に食べられませんよね。

 

【コラーゲンを多く摂取できる食材とは?】
・豚足
・鶏の皮
・手羽先
・エビ
・カレイ
・フカヒレ
・すっぽん
・ウナギなど

 

中には高頻度で食べられそうなものもありますが、ちょっと珍しい食材が含まれていることも否めません。

 

さすがに、フカヒレやすっぽんを毎日は食べられませんよね。

 

 

・コラーゲンのおすすめの摂取方法とは?

 

サプリメントが最も効率的です。

 

価格としても、比較的安めに設定されているので、お金がかかりすぎることもありませんよ。

 

 

■イソフラボンを含んだ食材を食べてみよう

 

・女性ホルモンに似た働きのあるイソフラボン

 

イソフラボンに直接的な育毛効果があるかはまだまだ分かっていませんが、女性ホルモンの働きをカバーする作用があることは分かっています。

 

女性ホルモンと育毛は大きな関係性があります。

 

実は、髪の毛の成長期を引き伸ばす機能があります。薄毛は成長期が短くなることによっても発症します。

 

女性ホルモンと似た作用のあるイソフラボンを体内に入れることで、育毛の達成ができる可能性は実際にあります。

 

ちなみに、以前にイソフラボンとカプサイシンを摂取すると発毛効果がある、とされましたが、この研究は捏造であったことが残念ながら分かっています。

 

 

・イソフラボンを摂取する食材とは?

 

大豆に入っている成分なので、大豆食品を食べるのがおすすめです。

 

大豆食品は様々あり、豆腐や豆乳、さらに納豆でもイソフラボンは摂取できますよ。