薄毛対策に必要なことがたくさんで分かりにくい?基礎知識はコレ

薄毛対策は大きく分けて、予防と改善に分けることが出来ます。

 

そこで、予防向けの対処方法と改善向けの対処方法は分けて考えることで何をするべきなのかが簡潔になります。

 

<予防として出来ること>
AGAの場合は遺伝的な問題もありますが、100%遺伝して薄毛になるのではありません。

 

ここで大きな影響を及ぼすのは生活習慣の問題なのです。

 

血行不良や毛穴の汚れ詰まり、栄養不足がメインですが、この3つを引き起こす原因が日常生活にたくさん潜んでいます。

 

喫煙の習慣やストレス、油の多い食事は血行不良を引き起こす原因となり、間違えたシャンプー選びやシャンプーの頻度が低くて頭皮が不衛生になれば毛穴は詰まりやすいですね。

 

女性の過激なダイエット以外でも、偏った食事が当たり前になっている男性は、髪の毛に必要な栄養が摂れていません。

 

一見して些細なことですが、全て薄毛の原因になるのです。

 

現状を把握するためにも一度、ご自分の生活を振り返って思い当ることがないかリストアップしてみましょう。
・シリコンの入っているシャンプーを使用している
・毎日シャンプーしていない
・タバコを吸う
・脂っこい食事が好き
・ストレス過多になっている

 

以上の項目から確認を始めましょう。

 

 

<改善として出来ること>

 

実際に薄毛の状態になってしまった…そんな時には予防の時に使う方法も有効ではあります。

 

プラスしてAGAであるかどうかを病院で検査してみましょう。

 

実は「AGAであれば逆にラッキー」と考える人もいて、「通院して投薬をしていれば薄毛に悩まなくていい」と言う考えの様ですね。

 

正しくは医師の指示に従って、投薬と生活改善をするのが最善策となります。

 

AGAではないと分かったときにも、医師が問診で生活面での問題を教えてくれるので、どの項目を改善すると発毛が期待できるのかが分かりやすくなるのです。

 

育毛剤を使っても効果がなく、どれを試しても駄目だと諦めている人のほとんどは、何が原因なのかを理解しないままで使用しています。

 

原因に合わせた成分を選ぶことと、最低でも6カ月は育毛剤を使用しないと結果が出ないことがわかっていれば効果的な対策が取れます。

 

薄毛になった段階で病院の検査を受けると、頭皮をカメラ撮影して経過観察をして対処方法が正しいのかどうかを都度検討できるのもメリットでしょう。

 

薄毛対策に必要なファーストステップは、自覚できる薄毛の原因を把握する、そして薄毛になった時に根本的な原因を専門家に見てもらうことが必要だと考えて良いでしょう。