発毛を促す重要な成分を選んで使うと効果的!

発毛を促す成分は、医薬品として使用するかサプリメントの様に食品の栄養として摂取するかで異なります。

 

基本的に医薬品として使用すると効果は早い傾向がありますが、副作用の問題を避けて通ることは出来ないでしょう。

 

またサプリメントで発毛を促す栄養素を摂っていると即効性は感じられませんが、副作用を気にしなくて良いメリットがあります。

 

医薬品に該当するものでは、ミノキシジルやプロペシアがあります。

 

ミノキシジルは、元々高血圧患者向けの薬として開発されましたが、治験をしているときに発毛の効果が出たため、発毛促進用途で利用されるようになりました。

 

薬として飲むか、育毛剤として頭皮につける方法で使用していきます。

 

稀に全身の多毛や低血圧、他の疾患のリスクが副作用で出ますので、医師から説明を受け納得してから使い始めてください。

 

プロペシアも医薬品として処方されます。

 

男性の薄毛にしか対応しておらず、女性が使ってはいけないものと決められています。

 

通院しないと処方されませんが、効果の高さで注目されています。

 

出来るだけ早く発毛させたいと思っている人には、早めの効果と満足の結果が得られる確率が高くなるでしょう。

 

医薬品の様に早く効かなくていいから安全な方が良いとか、女性なのでプロペシアが使用できないと言う場合は、サプリメントで栄養補給をしながら発毛を促進します。

 

まず髪の毛は何の成分で出来ているのか、そして毛根に必要な栄養は何だろう?と言う観点から考えていきましょう。

 

昔から海藻は髪の毛に良いと聞きますが、こだわって海藻ばかりを食べて髪が少なくなったと後悔する人もいます。

 

そもそもバランスの良い栄養が取れない食事内容になっていることが原因でしょう。

 

髪の主成分はタンパク質ですし、頭皮には顔と同じで美肌成分が必要なのです。

 

頭皮が不健康な状態では、毛根が髪を作る・成長させる機能が落ちてしまいますので、抜けるけれど生えない状態に陥ります。

 

コラーゲンやヒアルロン酸などで潤いと弾力のある頭皮を作りながら、ビタミン・ミネラル類を補うことで健康な頭皮に改善できます。

 

希望する条件によって医薬品成分で発毛を促すのか、食品栄養成分で発毛を促すのかが変わります。

 

それぞれのメリット・デメリットを比較して検討してみましょう。

 

費用の目安でも、プロペシアを病院で処方してもらうなら7,500円程度、マルチビタミン・マルチミネラルとして単純にサプリメントを飲むなら2000円前後が1か月に必要なコストです。