発毛させる方法を比較して自分に合うものを見つけよう

発毛させる方法は何種類かありますので、これも相性で効果が変わります。

 

育毛剤だけで発毛した人、生活習慣を変えて根本的な解決をした人、病院に行かなくては発毛しなかったと言う人など様々ですね。

 

ここでは、育毛剤・サプリメント・医薬品・シャンプーの4通りを比較して考えてみましょう。

 

まず、育毛剤ですが成分や費用で数多くの種類が販売されています。

 

有効成分の濃度も異なっており、何を選んで使用したらいいのかがわからずに悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

 

効果が高いと有名なのはミノキシジル配合の育毛剤ですが、その人の頭皮コンディションや薄毛の原因で効果の度合いが異なるので、ミノキシジルだけが全てではありません。

 

一般的に育毛剤を使用して発毛させるには、最低でも同じものを半年以上使用すると言うのが鉄則になっています。

 

中には初めて育毛剤を使って1〜2カ月程度で効果が出ないと、どんどん他の育毛剤に変えてしまう人もいますが、これでは発毛にたどり着くのは難しいでしょう。

 

価格帯も広いですが、半年続けられるのならいくらまでが妥当かを計算して検討してください。

 

サプリメントでの発毛を促進するにも、自分には何の栄養が足りなくて薄毛になっているのかと言う原因がわからないと、何を補って良いのかが分かりません。

 

発毛促進サプリメントの中には、髪を育てるのに必要だと思われる成分を総合的なパッケージにして販売しているものがあるので、スタートするときには便利です。

 

費用は比較的抑え目ですが、サプリメントは食品に該当しますので効果が出るには1年程度の計画で検討してください。

 

医薬品での発毛促進ですが、ほとんどの発毛向け医薬品は医師が処方するものばかりです。

 

通院して医師の診断を受けながら状況に応じて処方量を変更することもあります。

 

比較的短い期間で効果的な発毛は期待できますが、一方で効果が高ければ副作用のリスクを避けて通ることが出来ませんね。

 

血圧や心臓の疾患など持病がある方は医師と相談してから始めなくてはいけません。

 

最後にシャンプーを使用して発毛促進をしたい場合は、育毛シャンプーとして販売しているものを使用します。

 

主に頭皮環境を整えることで発毛を促しますが、頭皮をキレイにする・潤いを与える効果で結果を出そうとします。

 

良いヘアケア習慣が身に付きますので、頭皮環境を維持するには良いことだと思います。

 

発毛効果自体は、他の方法と比較して時間がかかると考えていた方が良いでしょう。

 

薄毛になり始めたころの方が試すには手軽で簡単な方法ですし、コスト面でもあまり負担にならないのがメリットです。

 

4通りの方法をご紹介しましたが、1つの方法にこだわらず、いくつかを併用して進めることも出来ます。