正しい頭皮ケアをするには何を知っていればいいの?

薄毛対策で頭皮ケアを正しくするには、どんな点に注意をしたらよいのでしょう。

 

しっかり洗って清潔な状態を保ちながら、頭皮を柔らかくするためにマッサージをするのが基本的です。

 

シャンプーの仕方にも正しい方法があります。

 

1. 髪を十分に濡らしましょう
 いきなり乾いた髪にシャンプーをつけるのではなく、髪と頭皮をしっかり濡らします。
 頭皮の汚れも予洗いを十分にすると、全体の80%程度の汚れを落とすことが出来ますので、シャンプーに強い洗浄力は必要ありません。

 

2. シャンプーは手で泡立てましょう
 シャンプーは手に取ってから少し泡立ててから髪につけましょう。頭皮を洗うときは指の腹で優しくマッサージするように洗ってください。洗う時間の目安は2〜3分程度です。

 

3. すすぎはゆっくりと
すすぎに掛ける時間はシャンプーで洗った時間の倍くらいだと考えて、泡残りがない様にしっかり流してください。

 

4. タオルでごしごしこすらない
タオルは清潔なものを使用して、頭皮の水分を吸うだけと言った感じで押し当てます。ゴシゴシこすると髪や頭皮の摩擦になってダメージを受けやすいです。

 

以上の他に、頭皮の皮脂を過剰に落とさないためにお湯の温度は38度くらいのぬるめの方が良いですね。

 

始めの予洗いでは、ぬるま湯でも毛穴が開いて汚れが落としやすくなりますし、汚れを揉みだす様にマッサージすると効果的です。

 

ドライヤーも頭皮ケアでは注意が必要です。

 

熱風を近くから当てると頭皮が乾燥する原因になりますので、熱風を利用する場合は髪から20cm以上話して、左右に振るようにして下さい。

 

1か所に熱風が当たり続けると頭皮は乾燥して、発毛しにくい状態になります。

 

夏は冷風を使っても構いませんので、素早く髪を乾かすようにして下さい。

 

塗れた髪を自然乾燥させようとすると、乾くまでの間に雑菌が繁殖して頭皮コンディションを悪化させてしまいます。

 

せっかく洗ったのに頭皮が不衛生な状態になってしまいますよ。

 

この基本ステップを守りながら、育毛剤や改善のための医薬品を使用すると発毛しやすくなります。

 

中々効果が出ないなと思っている方は、正しい頭皮ケアから見直してみましょう。

 

薄毛の方は頭皮が硬くなっている傾向がありますので、つむじから生え際やうなじに向けて、優しくマッサージをする習慣もオススメです。

 

育毛剤をつけたタイミングでマッサージをすると効果が高くなると言われています。

 

爪で頭皮を傷つけることがない様に十分注意してください。