発毛剤の種類をおさらいしてみましょう

発毛剤は大まかに分けると内服薬と外用薬と分けることが出来ますし、その中にいくつもの種類が存在しています。

 

内服薬で有名なのはミノキシジルとプロペシアです。この2つの特徴から確認していきましょう。

 

ミノキシジルは、高血圧の薬として開発されたのですが、治験する途中で発毛効果があることを確認できました。

 

内服薬としても外用薬としても使用できますし、男女ともに濃度を変えれば使用できるところがメリットです。

 

男女で体格差があり女性の方がミノキシジルの影響を受けやすいため、濃度の制限を設けています。

 

男性は最大で5%濃度まで、女性であれば1〜2%が上限として決められています。

 

ただし、内服した時は副作用が出やすくなりますので、納得してから使用しましょう。

 

低血圧などの既往病のある方は使用できない場合があります。

 

次にプロペシアですが、AGA治療でメインとして使われる医薬品です。

 

このプロペシアは男性しか使用できない薬で、女性には処方されることはありません。

 

内服薬として使用しますが、男性が継続的に飲んでも男性機能不全などの副作用のリスクがあります。

 

妊娠している女性がプロペシアに触れるだけでも、おなかの赤ちゃんが生まれたときに生殖器機能不全のリスクが疑われますので、男性にしか処方されませんね。

 

注意点としては、ミノキシジルもプロペシアも個人輸入をして使用することが出来ます。

 

国内で処方されている医薬品は厚生労働省の認可を受けていて安心できますが値段が高いと感じるため個人輸入をするようです。

 

確かに安価に利用できるのはメリットです。

 

しかし、日本の基準に従った薬として使用できませんし、万が一問題が起こった時に責任を負ってくれる人がいないと思ったほうが良いでしょう。

 

販売元が外国ですから、その国の言葉や法律がわからないと賠償を求める裁判すらできないと考えてください。

 

全て自己責任で完結できないのなら使用するべきではないでしょう。

 

リスクを考えれば、日本で処方している医薬品が高いとは思わないのではないでしょうか?

 

また、「これは○%で使用する」、「女性は使用してはいけない」と言う注意書きが丁寧に書き添えてあるとは限りません。

 

ミノキシジルは血行促進をすることで発毛を促し効果の高さでも注目されています。

 

プロペシアは5α-リダクターゼが男性ホルモンに結合することを抑制してAGA治療をする医薬品で、こちらも効果が高いですね。

 

メリット・デメリットを比較して、ご自分に最適な発毛剤が選べるようにして下さい。