発毛基礎知識|発毛剤の効果ってどんな内容になっているの?

発毛剤と育毛剤があります。この2つの機能は一緒だと考えている方も入ると思います。

 

実は、全く一緒のものではありません。こちらでは発毛剤の効果を中心に、育毛剤とはどんな効果があるのかについて解説します。

 

 

■基本的な育毛剤と発毛剤の違い

 

・入っている成分が大きく異なる

 

育毛剤に入っている成分は、天然成分となります。

 

具体的には、植物などから抽出されたエキスなどを含ませているのです。

 

天然成分なの、危険性が少ないといった特徴があります。

 

発毛剤に関しては、医薬成分が含まれています。

 

実際に病気を治すために作られた薬が発毛剤として転用されているのです。

 

育毛剤に比べると、実際に危険性があり副作用が出ることも実際にあります。

 

また、発毛剤に関しては、手に入れられる場所に制限があるのでその点は理解しておきましょう。

 

 

■発毛剤と育毛剤の効果の違いとは?

 

【発毛剤の効果例】

 

・産毛であった毛が太く長く生えてきた

 

・髪の毛が生えてこなくなっていた部位から発毛した

 

【育毛剤の効果例】

 

・頭皮環境が良くなった

 

・髪の毛にコシが出てきた

 

・髪の毛が太くなった

 

 

似ているように感じるかもしれませんが、大きく異なるのが、産毛になってしまった毛の成長と髪の毛が生えてこなくなってしまった部位からの発毛です。

 

この機能については、育毛剤は持っていません。

 

あくまで育毛は、いま生えている髪の毛を健やかに生やすために用いられるものなのです。

 

一方の、発毛剤に関しては、男性型脱毛症などの影響で髪の毛がほとんど生えてこなくなってしまった部位に対して影響をあたえるものです。

 

育毛と発毛に関しては、同じような意味合いとして使ってしまいがちですが、実際に得られる効果は全く異なるわけです。

 

使う前には、自身にはどちらの効果がほしいかをじっくりと考えましょう。

 

・男性型脱毛症が明らかに発症している場合・・・発毛剤がおすすめ

 

・将来のために髪の毛に良いことをしたい場合・・・育毛剤がおすすめ

 

このような使い分けが一般的におすすめとされています。最初から発毛剤を使う手もありますが、どうしても副作用といったリスクを背負ってしまわなければいけません。

 

薄くなってもいないのに使って副作用が出てしまっては、後で後悔しかねませんよ。

 

・効果が公的に認められているのが発毛剤

 

育毛剤に関しては、公的に効果は認められていません。

 

効果があるとされる成分を使っているにすぎないのです。

 

発毛剤については、実際に臨床試験を行った上で効果が認められています。