発毛剤で薄毛早期対策には効果が期待できるのか?

薄毛は完全に進行してしまってからでは、どうしようもない場合があるとされます。

 

薄くなり始めた時に対策を行なうのが良い、とされているのです。

 

薄毛の早期発見と、早期対策が重要なのですが、こちらでは薄毛の早期対策として発毛剤が実際におすすめなのかを徹底解説します。

 

早期の場合は、育毛剤のほうが良いのではないか、といったこともいわれており、非常に重要なテーマです。

 

 

■予防対策として使うなら育毛剤がおすすめ

 

・発毛剤は副作用がある

 

将来的に薄くなると思っていると、現状では特に薄くなっていなくても発毛・育毛を行いたくなると思います。

 

そのケースでは、育毛剤を利用すべきです。

 

発毛剤を使うと、副作用が出てしまう可能性があります。

 

・ミノキシジルの副作用⇒低血圧・動悸・息切れといった血圧に関するもの

 

・プロペシアの副作用⇒精力減退・勃起不全といった性的なもの

 

どちらも非常に重大なものになります。

 

薄くなっていないのに、そういったリスクに体を晒してしまうのは、非常によくないことでもあります。

 

予防対策には、必ず育毛剤を利用してください。

 

育毛剤に関しては、自然な成分を使っているので、重篤な副作用が出てしまうことは考えられません。

 

 

■すでに薄くなり始めているのであれば、早期に発毛剤を利用すべき

 

・回復する可能性が高い

 

育毛剤と発毛剤を比べた時に、圧倒的に変わってくるのが効果率の違いです。

 

育毛剤に関しては効果に関してはよく分かっていません。

 

効果があるとされる成分を含ませているにすぎないのです。

 

一方の発毛剤に関しては、しっかりとした研究に基づいて、効果が確実にある医薬成分を含ませています。

 

育毛に比べて、圧倒的に髪の毛が生えやすいわけです。

 

 

■早期治療のすすめ

 

・毛母細胞が健在のうちに発毛剤を使うこと

 

長期的に脱毛物質のジヒドロテストステロンの攻撃に毛母細胞がさらされてしまうと、細胞自体が退化してしまうのです。

 

機能しなくなってしまった細胞を、再び目覚めさせるのは容易なことではありません。

 

いくら発毛剤であったとしても、死んでしまった細胞をよみがえらせることは出来ないのです。

 

薄くなりかけている状態の時に、発毛剤を利用すれば、まだ毛母細胞はしっかりと生きています。

 

そこで発毛剤によってしっかりとした環境を整えてやることで、毛母細胞は復活します。

 

発毛剤の利用が遅れると、髪の毛にとっては命とりとなりかねないので充分に気をつけてくださいね。