頭皮に自信を取り戻したい!どうすれば良いのか?

育毛や発毛を達成する近道は、頭皮環境をしっかりと整えることです。

 

ただし、肝心の発毛剤には、頭皮環境を整える力はありません。

 

発毛治療には使えますが、頭皮を良くする、といった意味合いでは使えないのです。

 

こちらでは、発毛剤を使いつつも頭皮環境を整えるにはどうすればよいのか、といったことをお話します。

 

実際に発毛剤治療を始めている方にも必見の情報ですよ。

 

 

■シャンプーの利用方法を考えるべき

 

・1日に2回以上の使用はしないこと

 

夏などは、特に汗をかくので、シャンプーを使って頭皮を綺麗にしたいと思うものです。

 

しかし、シャンプーは頭皮にとっては刺激物でもあります。

 

何度もシャンプーによって洗われてしまうと、頭皮がダメージをおってしまうのです。

 

・皮脂のとりすぎのリスクを知ろう

 

皮脂を取り過ぎてしまうと、頭皮が乾燥状態になってしまいます。

 

また、乾燥すると、皮脂腺が活発化して、大量に脂を分泌するケースも多くなっているのです。

 

皮脂のとりすぎに関しては、危険なので夏であったとしてもシャンプーによる染髪は1日1回に抑えるべきです。

 

ちなみにシャンプーを使わずにお湯で頭皮を洗うのもお勧めです。

 

それでも頭皮表面の皮脂はある程度は落ちるので気持ち良いものですよ。

 

・爪を立ててあらわないこと

 

シャンプーをするときに、爪を立てて洗うと気持ちが良いものです。

 

しかし、爪を立ててしまうと、頭皮に大きな刺激が与えられてしまって、傷がついてしまうのです。

 

出血したり、髪の毛自体を傷めることにもなるので注意しましょう。

 

 

■頭皮を整えために育毛剤を併用するのもおすすめ

 

 

【育毛剤に含まれる成分の効果例〜頭皮環境を中心として〜】

 

・抗炎症作用

 

・抗菌作用

 

・殺菌作用

 

炎症は、頭皮の赤みの代表されるものです。

 

頭皮環境が悪い方は、頭皮に定期的に炎症が起きてしまっているものです。

 

また抗菌と殺菌も非常に重要になります。

 

実は、炎症の原因を作っているのが菌だからです。

 

頭皮に何らかの理由で菌が大量繁殖してしまうと、ニキビや炎症が起きやすくなります。

 

そこで育毛剤には、抗菌作用や殺菌作用を持った成分を含ませているわけです。

 

・発毛剤と育毛剤の併用は問題ないのか?

 

特に問題はありませんが、使う順番には気をつけてください。

 

発毛剤を使った後に育毛剤を利用してしまうと、せっかく発毛剤が流れてしまいます。

 

また、使う感覚については空けるようにしてください。

 

例えば、育毛剤を使って1時間ほど経ち乾いたところで発毛剤をつける、といった利用方法がお勧めです