発毛促進するために頭皮マッサージテクニックとは?

発毛剤を使っているだけでは、やはり復活は難しいとされます。

 

ちょっとした育毛活動を実施すると圧倒的に発毛しやすくなる、ともされているので、ちょっとしたテクニックをお教えします。

 

特に、頭皮マッサージについては多くの方が行っているのですが、方法を間違えている方もいるので注意してくださいね。

 

 

■発毛のための頭皮マッサージ方法とは?

 

・指の腹を必ず使うこと

 

頭皮マッサージをするときに、多くの方が行ってしまいがちなのが爪を立ててしまうことです。

 

爪を立ててマッサージすると頭皮が傷ついてしまいます。

 

刺激を受けた皮膚が炎症を起こしてしまうこともあります。

 

さらに、髪の毛が根本から切れてしまう可能性だってあるのです。

 

頭皮マッサージをするときには、指の腹で頭皮を掴んでください。

 

掴む時の感覚ですが、優しくそっと添えるような感覚です。

 

・指の動かし方とは?

 

頭皮が柔らかくなるようなイメージを持ってください。

 

そして、頭皮を優しく前後左右へと動かします。

 

この時に強く行ってしまうと、皮膚の組織を痛めてしまうので注意してくださいね。

 

頭皮マッサージのイメージとしては、頭皮が柔らかくなるような感覚で行うことです。

 

硬い頭皮はけっこうも悪くなってしまい、育毛や発毛を阻害してしまいます。

 

柔らかい頭皮を得るためにも、マッサージは重要です。

 

 

■頭皮マッサージは1日あたり何回程度行なうべきか?

 

・2回程度は行なうのがおすすめ

 

発毛剤を頭皮につける時に同時に行うのが最もお勧めです。

 

発毛剤の効果をより高めてくれる可能性もあります。

 

発毛剤の目的の多くは、頭皮の血行を良くすることにあります。

 

頭皮マッサージを行なうことで、その効果をさらに高めて相乗効果のようなものが得られる可能性だってあるわけです。

 

ただ、頭皮マッサージは腕を上げておこなうので、長くやると疲れてしまいます。

 

それほど長くやるのは難しいと思うので、1回語り1分から2分、長くても5分位を目安にするのがお勧めですよ。

 

 

■耳元や首、さらには肩もマッサージしよう

 

・特に大事なのが耳元である

 

耳の左右には大きな血管が通っています。

 

その血管から、頭皮までしっかりと血液が送られるのです。

 

その血管の血行を良くするのが非常に大切です。

 

指をVサインにして、耳の左右を上下に動かしてください。

 

刺激してやると、血行が良くなりますよ。

 

さらに首や肩も血管がつながっているので一緒にマッサージすると、より頭皮の血行が高まるのでお勧めです。

 

 


発毛剤を使うなら頭皮マッサージで血行促進することが効果的

 

薄毛に悩む男性たちに多く使われているのが、発毛剤です。

 

男性たちの薄毛の原因の主なものは男性ホルモンの影響によるものです。

 

男性ホルモンであるテストステロンが頭皮の毛穴の皮脂腺や髪の毛の毛乳頭に存在する

 

5αリダクターゼと結びつくことにより、DHTという成分が発生しますが、

 

これが毛根に作用することで薄毛を進行させる原因となります。

 

これには皮脂を過剰に分泌させる働きがあるため、毛穴が詰まりやすく、

 

栄養がいきわたらないことで髪の毛がどんどんやせ細っていくのです。

 

ですから、発毛剤を使用する前に、まず頭皮環境を改善することが大前提です。

 

毎日洗髪をして、毛穴をクリーンな状態にすることで、

 

発毛剤が毛根へ浸透しやすくなります。

 

さて、このように頭皮環境が整えたところで、

 

今度は発毛剤の効果をより高める方法をご紹介しましょう。

 

発毛剤を使う時のコツは、頭皮の血行を促進するということです。

 

毛根から取り込まれた栄養は、毛乳頭の毛細血管を通って各細胞へといきわたります。

 

ですから、発毛剤を髪の毛に湿布した後は、

 

マッサージなどで頭皮の血行を促進することがおすすめです。

 

マッサージは、指の腹を使って適度な力で頭皮をなでるように行います。

 

この時、首の後ろや耳の横など、リンパのある部分に向かって

 

流すように行うことが効果的です。

 

また、頭皮の血行を妨げないための生活習慣を心がけることも、

 

薄毛対策には有効です。

 

 

 

 

頭皮の血行を妨げる習慣のひとつが、喫煙です。

 

喫煙をすることによって毛細血管が収縮してしまうため体全体の血行を悪くしますが、

 

これによって頭皮の血行も悪化するため、せっかくの栄養がいきわたりにくくなります。

 

さらに、喫煙には薄毛の原因物質であるDHTを増加させるという研究結果もあるので、

 

薄毛で悩む人は、禁煙を心がけましょう。

 

過度の飲酒も血行を悪化させます。

 

 

 

飲酒は適度なものであれば血行を促進する効果がありますが、特にビールなどは体を冷やすので、

 

飲み過ぎると血行がどんどん悪くなります。

 

ですから、たとえば、お風呂上りのビールや一服は、頭皮には悪影響なのです。

 

また、ストレスの多い生活も、血行に影響します。

 

ストレスを感じると体が緊張し、血管が収縮してしまいます。

 

「ストレス社会」と言われる中で生きる現代人にとって、

 

ストレスと無縁の生活をすることはほぼ不可能ですが、

 

生活の中で適度に発散する工夫をすることが、薄毛予防に役立ちます。


発毛剤を使って血行促進するとどうなるのか?

発毛剤の効果として特に注目されているのが、血行促進作用です。

 

しかし、なぜ血行が促進すると髪の毛が復活するのか、といったことは深くは理解されていないケースが多いのです。

 

こちらでは血行促進と薄毛改善のメカニズムについて詳しくお話します。

 

特に、びまん性脱毛症(頭髪が全体的に少しずつ薄くなる)が発症している方は注目してくださいね。

 

 

■血行が悪くなると髪の毛が薄くなるメカニズム

 

・毛母細胞に栄養が送られなくなる

 

髪の毛は、毛母細胞と呼ばれる細胞から生み出されて成長を続けることになります。

 

毛母細胞も細胞の一つであり、栄養がなければ活発に働きません。

 

仮に栄養がなくなれば、活動を停止してしまうのです。

 

毛母細胞の栄養は血によって運ばれているわけです。

 

ですから、血行が悪くなることによって、栄養が送られなくなると、細胞は髪の毛を生成する機能を弱めてしまいます。

 

その結果、髪の毛が伸びなくなってしまったり、細くなってしまうのです。

 

 

■発毛剤によって血行が促進されると髪の毛はどうなる?

 

・髪の毛が太くなる
・長く成長する

 

もしかしたらアナタの抜け毛は、短かったり、細かったりしていませんか。

 

産毛のような状態でよく脱毛している方は、血行が阻害されている可能性が極めて高いです。

 

実際に、血行促進作用のある発毛剤を使っていたところ、髪の毛が太くなり、長く成長するようになった、といったケースがとても多いのです。

 

血行が促進されただけで、それだけ髪の毛に与える影響というものはあるわけです。

 

血行不足に関しては、高血圧といったものも関わっています。

 

医療機関から高血圧である、といった指摘を受けている場合には、薄毛にも発展する可能性があるので、食生活の見直しなども積極的に行いましょう

 

 

■発毛剤以外で血行を促進する方法とは?

 

・ストレス解消すること

 

血行を悪くしてしまう要因の一つに、ストレスがあります。

 

ストレスが高まった状態になると、血圧が高まり毛細血管に血が送られにくくなってしまうのです。

 

ストレス解消方法は、人それぞれでもありますよね。

 

ひとによって合う方法もあれば合わない方法もあります。

 

行っていて楽しいと感じられるものが、アナタにあっているストレス解消方法です。

 

方法が見つかった場合には、定期的にその行動を行ってみましょう。

 

ただし、暴飲暴食をストレス解消としてはいけません。

 

内蔵にストレスをかけると、それもまた、薄毛の原因となってしまうからです。