【使い初めが肝心】発毛剤を使い始めたい年齢

発毛剤は薄くなり始めてから利用するケースが多いのです。

 

しかし、使い始めが肝心、と言われることも確かです。

 

こちらでは何歳くらいから発毛剤を本格的に使いはじめるべきか、といったことについて解説します。

 

年齢から判断するのは難しいので、症状の進み具合からについても併せて解説します。

 

 

■母方に薄毛の人がいる場合には早めに利用すべき!

 

・男性型脱毛症は生活習慣だけでなく遺伝による影響が極めて強い

 

いままでは、男性型脱毛症は、頭皮が脂ぎっている人・男性ホルモンが強い人・夜型の生活をしている人、といった方がなるものだと思われていました。

 

たしかにそういったものが進行を強めてしまう可能性は否定できません。

 

しかし、大元には遺伝があったのです。

 

男性型脱毛症は、母方の遺伝を引き継ぐことがわかっています。

 

要は母親の父親が薄い場合には、高確率で自分が薄くなるのです。

 

ですから、もしもその条件に自分が当てはまるのであれば、発毛剤の利用は早く行うべきです。

 

 

・発症していなくても利用して構わない

 

天然成分を含んでいる発毛剤であれば、医薬成分タイプと違って副作用を心配する必要はありません。

 

ですから、発症しなくても使って良いのです。

 

 

・どのくらいの年齢から使って良いものなの?

 

一般的には20歳からになります。

 

しかし、実際に制限されることはないので、18歳や17歳から利用することも可能です。

 

AGAは20代後半や30代に発症するイメージが有りますが、実際には10代後半から発症している方も少なくありません。

 

ですから、10代から使っても良いのです。

 

 

■どのくらい薄くなったら発毛剤を使うべきなのか?

 

・薄くなり始めたその時が使い時です!

 

発毛剤ですが、薄毛がはっきりと進行してしまってから使っているケースが多いのです。

 

しかし、完全に禿げあがってしまってから発毛剤を使ったとしても、良い結果が生まれないことがほとんどなのです。

 

薄毛の進行を発毛剤で食い止めた人のほとんどが、

 

「薄くなり始めた時に利用を開始した。」

 

としている事実もあります。

 

有効な発毛剤であったとしても、進行が進んでしまうと、そこから改善させるにはかなり大変です。

 

男性型脱毛症が完全に発症する前に、発毛剤で対処してやりましょう。

 

 

・使いはじめのチェック項目

 

AGAは前頭部と頭頂部のいずれかから薄くなり始めます。

 

そちらの部位を注視してください。

 

髪の毛が細くなり始めると、スカスカの印象になってくるはずです。

 

その時が、発毛剤を使いはじめるタイミングなのです。