育毛効果を得る秘訣!発毛剤は続けてこそ効果がある

育毛効果を得るために、発毛剤を使うわけですよね。

 

そこで注目して欲しいのが、発毛剤の使い方なのです。

 

発毛剤については、もったいない利用方法をしている方も少なくありません。

 

こちらでは、発毛剤の効果を引き出す方法についてお話します。

 

いままで、発毛剤を使っても効果が現れなかった方は必見ですよ。

 

 

■発毛剤を使うのをすぐにやめてしまうのは厳禁!

 

・発毛剤は使い続けなければならない

 

発毛剤の効果を確定させるためには、1週間や2週間の利用ではいけません。

 

そもそも、髪の毛は1センチ伸びるのに1ヶ月程度かかるのです。

 

仮に10センチだとしても、10ヶ月はかかってしまうわけです。

 

もちろん、効果を確認するためには10ヶ月待たなくてもある程度分かります。

 

では、発毛剤は最低でもどのくらいの期間は利用し続けなければならないのでしょうか。

 

 

・2ヶ月から3ヶ月は利用すること

 

なぜ2ヶ月から3ヶ月かというと、ヘアサイクルが関連してくるからです。

 

髪の毛は、長い成長期だけではなく、髪の毛の成長がストップしている時、そして抜けて髪の毛が生えていない状態の時があるのです。

 

その髪の毛の伸びていない時期と抜けている時期が併せて約2ヶ月から3ヶ月です。

 

2ヶ月から3ヶ月経つと新しい髪の毛が生えてくるので、新しい髪の毛が生えてくるまでの期間は少なくても様子を見てください。

 

理想の話をすれば、6ヶ月程度は利用を続けて欲しいです。

 

2ヶ月から3ヶ月だと、発毛剤の効果が出たとしても、まだ生え始めてきただけの場合があります。

 

これでは、よく頭皮を見なければ効果があるのかないのかはわかりません。

 

一方で、6ヶ月経てば、育毛剤をつけて直ぐに反応があった場合で5センチから6センチ、2ヶ月から3ヶ月かかってから影響が出た場合でも3センチから4センチは成長しています。

 

それだけの長さになれば、髪の毛が増えたことがはっきりと分かるはずですよ。

 

 

■効果があった場合に発毛剤の利用をやめたらどうなってしまうのか?

 

・発毛剤によって生えていた髪の毛が抜けてしまうことも

 

生えてきた髪の毛に関しては、発毛剤の作用があってこそ維持できるものなのです。

 

もしも途中で利用をやめてしまった場合には、しばらくすると抜け落ちてしまいます。

 

ただし、頭皮環境の悪化による抜け毛が原因で薄毛になっていた場合には、今後頭皮環境が育毛剤以外の方法で好転した場合には、育毛効果を維持できる可能性はありますよ。

 

ただ、多くの男性が悩んでいるAGAに関しては、勝手に治ることはありません。

 

ですから、男性型脱毛症が発症している方は必ず使い続けなければならないのです。