発毛剤で改善する|そのメカニズムが知りたい!

薄毛は発毛剤で改善するとされます。

 

しかし、そのメカニズムもよくわからないですよね。

 

せっかく発毛剤を利用するのであれば、その中身を知って利用する必要があります。

 

どんな作用があるのかも知らないで利用したって使い甲斐が無くなって、途中で飽きてしまうだけですよ。

 

こちらでは発毛剤で薄毛が改善する仕組みをお話します。

 

 

■頭皮の状態が育毛にマッチする

 

・頭皮の状態が安定して髪の毛が生えやすくなる

 

頭皮が乾燥していませんか
頭皮が脂性肌になっていませんか
頭皮に炎症が多くありませんか
フケ症ではありませんか
頭皮が痒くはありませんか

 

以上の一つにでも当てはまっている方は、頭皮に実際に問題が起きていると考えられます。

 

髪の毛は頭皮から生えているわけですよね。

 

頭皮の環境が悪くなってしまえば、当然髪の毛に影響が出てきます。

 

例えば、髪の毛の成長が遅くなる、といったことも考えられます。

 

髪の毛が細くなることもありますし、脱毛が促進されてしまうこともあるのです。

 

そこで発毛剤が大きな役割を果たしてくれます。

 

上記の悪い頭皮の状態全てに対応できる可能性があるのです。

 

入っている成分によっても違いがありますが、基本的に発毛剤は頭皮環境を整えることには注目しているものなのです。

 

まずは、発毛剤によって髪の毛が生えやすくなる、といったことを把握しておきましょう。

 

 

■髪の毛に栄養が送られやすくなる

 

・髪の毛の成長が促進する

 

髪の毛も栄養を補給することによって伸びています。

 

仮に、栄養が送られてこなくなれば、髪の毛は成長しなくなり、脱毛してしまうのです。

 

髪の毛へ栄養を送っているのは、血液になります。

 

血液のめぐりが悪くなれば、髪の毛の伸びも悪くなり、髪の毛が細く、そして短くしか成長しなくなります。

 

そこで注目して欲しいのが、発毛剤の血行促進作用になります。

 

育毛剤には必ずと言って良いほど、血行促進成分が含まれています。

 

【発毛剤に含まれる血行促進成分例】
・ミノキシジル
・センブリエキス
・ニンジンエキス
・トウガラシチンキ
・塩化カルプロニウム
・ビタミンEなど

 

 

■男性型脱毛症を阻害して薄毛を改善する

 

・薄毛の根本に対処できるのが発毛剤

 

男性型脱毛症はかなり強力な作用を持っています。

 

男性の髪の毛をどんどんと奪ってしまいます。

 

しかし、発毛剤にはその作用を抑える機能が実際にあるのです。

 

ちなみに発毛剤には男性ホルモンに対する作用はありません。

 

男性ホルモンと結合して脱毛物質を作ってしまうモノのみを攻撃するように考えられているのです。

 

だからこそ健康的に、育毛が出来るわけです。