ストレスは頭皮に良くない!ストレスが薄毛を招く理由

ストレスは万病のもととされます。

 

さらに健康だけではなく、美容にもよくないことは知られていますよね。

 

お肌の状態が悪化してしまうこともあるのです。

 

そして、最近になってよく知られてくるようになったのが、ストレスが薄毛を招いてしまう、といったことになります。それは事実になります。

 

こちらでは、ストレスが薄毛を招くメカニズムについて詳しく解説します。

 

 

■ストレスによって皮脂の過剰分泌を招いてしまう

 

・脂漏性脱毛症の原因を作るストレス

 

ストレスにはホルモンバランスを乱す、と言ったマイナスの作用があるのです。

 

ホルモンバランスは、身体の大事な機能を維持するためにも重要なのです。

 

もしも乱れてしまうと、美容や健康に大きな影響を与えてしまいます。

 

その影響の中でも、特に髪の毛に影響してくるのが皮脂になります。

 

ホルモンバランスが乱れてしまうと、皮脂の分泌バランスが乱れて、大量に出てきてしまうのです。

 

頭皮全体がオイリー肌状態になってしまい、菌が大量繁殖してしまいます。

 

菌は皮脂を餌にして数を増やすわけですから、頭皮上にたくさんあると、どんどんと皮膚の状態が悪化してしまいます。

 

以上の結果により、脂漏性脱毛症が生み出されてしまいます。

 

過剰なストレスは、過剰な皮脂の分泌を招くのでストレス対策は積極的に行いましょう。

 

 

・ストレスは頭皮ニキビの原因にもなる

 

ニキビの原因菌はアクネ菌です。

 

そのアクネ菌も皮脂を餌にしているので、ホルモンバランスが乱れて皮脂がたくさん発生するとニキビの原因になってしまいますよ。

 

 

■ストレスによって髪の毛に栄養が送られなくなる

 

・血流不足を招くストレス

 

血行に対して、大きな影響を与えてしまうのがストレスです。

 

血管の収縮作用といったものを持っているのです。

 

血管がすぼまった状態になってしまうことで、末端の血管まで血液が行き渡らなくなります。

 

頭皮にある血管は非常に細く、いわゆる毛細血管のタイプになります。

 

それらの血管に血液が送られなくなると、髪の毛の成長に大きな問題が生じるのです。

 

いくら髪の毛に良い食べ物を食べたとしても、血行が良くなければ、髪の毛に栄養がいきわたりません。

 

ストレスはそれほど薄毛に大きな影響を与えてしまうのです。

 

ちなみに血流不足に関しては、冷え性とも密接に結びついています。

 

冷え性である方は、血流不足を発症しています。

 

その冷え性の原因がストレスである場合も考えられるわけです。

 

日頃からストレスを溜め込まない生活を意識しましょう。