生活習慣の見直しが薄毛を予防する!〜睡眠と運動〜

生活習慣は様々なものに対して大きな影響をあたえることがよくわかっています。

 

実は、育毛に関しても大きな関係性があり、薄毛を予防したいと考えている方は、生活習慣の見直しが急務です。

 

特に、薄くなり始めたな、といったところで生活習慣を切り替えるべきです。

 

もしも切り替えが遅れてしまうと、どんどんと進行してしまいますよ。

 

こちらでは睡眠と運動の2点に絞って詳しくお話します。

 

薄毛を少しでも予防したい、と考えている方は必見です。

 

 

■薄毛を予防するための睡眠法

 

・1日あたり6時間から7時間は必ず眠ること

 

睡眠で最も大切になるのが質になります。

 

しかし、質といっても個人差があり、自分ではあまりコントロールが出来るものでもありません。

 

そこである程度コントロールしやすいものである「睡眠時間」について考えてみましょう。

 

理想的な睡眠時間は、1日あたり7時間と言われています。

 

平日は5時間で週末だけ8時間から9時間寝る、といった方も居ますが、それだと睡眠の効果が得られにくいので、寝溜めを期待するのではなく、平均的なバランスの良い眠りを実施してください。

 

なぜ7時間程度は寝るべきなのか、といえばストレスが関わってきます。

 

薄毛と密接に結びついてしまっているのが睡眠なのです。

 

ストレスは脱毛原因にもなりやすく、ストレスを感じている方はしっかりと対応してくださいね。

 

 

・なるべく夜の10時から午前2時の時間帯に寝ていること

 

なぜその4時間に寝ているのが重要かといえば、髪の毛が最も成長しているからです。

 

実際に実験が行われて、多くの方が24時間のうち午後10時から午前2時の4時間に髪の毛が成長していたことがわかっています。

 

人間は寝ている時に成長ホルモンが分泌されます。

 

成長ホルモンの分泌と髪の毛の成長時間をマッチングさせることが薄毛の改善・予防につながるのです。

 

 

■薄毛を予防するための運動法

 

・血行促進を意識した運動法を実践すること

 

薄毛の原因の一つに血行不足があります。

 

血行が不足してしまうと、髪の毛に栄養が送られなくなってしまうのです。

 

その結果、薄毛が進行してしまいます。

 

しかし、運動をしたらどうでしょうか。

 

全身に血液がめぐりますよね。

 

血管が拡張することによって、毛細血管までしっかりと血液が流れこむのです。

 

ここで問題になってくるのが、どんな運動が適切なのか、といったことです。

 

血行促進状態を長時間保持できる運動法が、薄毛の予防には適しています。

 

ですので、軽い運動である有酸素運動がお勧めです。

 

・ジョギング
・ウォーキング
・スイミング

 

などをゆっくりペースで行ってくださいね。

 

強くやると無酸素運動になりますし、長時間続けられなくなるのでダメですよ。