自分の髪の毛が薄いと感じた時が、発毛剤の使い時です!

 

男性に

 

 

「自分の髪の毛が薄いと感じ始めたのはいつごろですか?」

 

 

という質問をすると、20代後半から30代であると答える人が最も多くいます。

 

男性の薄毛に関しては、男性ホルモンの影響が最も大きいと言われます。

 

男性ホルモンの分泌のピークは20歳前後ですが、同時にこの時期から薄毛の原因となる物質、

 

DHTが生成されるようになります。

 

 

 

DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが皮脂腺や毛乳頭から分泌される

 

5αリダクターゼという酵素と結びつき、生成されるものです。

 

DHTは皮脂の分泌を過剰にさせ、その皮脂が毛穴に詰まることなどで毛髪の成長を阻害し、

 

しまいには毛穴から毛髪を脱落させます。

 

男性ホルモンの分泌がピークになる20歳以降から頭皮ではこのような働きが

 

繰り返されていきますが、20代の後半や30代になるとこれが目に見える形となるため、

 

薄毛を実感する人が増えるのです。

 

発毛剤を使うのであれば、この薄毛を実感し始めた時が最もいいタイミングです。

 

 

 

男性型の脱毛症をAGAと言いますが、これにはいくつかの種類があり、生え際が後退するタイプや、

 

頭頂部が薄くなるタイプがあります。

 

特に生え際の後退に関しては、最も男性ホルモンの影響が出やすいところであり、

 

生え際の両側から後退していくM字型や、生え際の真ん中部分から後退していく

 

A型の薄毛で悩んでいる人には、特にDHTの生成を抑制する発毛剤が効果的です。

 

あるいは、すでに薄くなってから始めるのではなく、予防策として今ある髪の毛を脱毛させないため、

 

日ごろからDHTの生成を抑制しておくことも薄毛予防として効果的です。

 

 

 

 

さて、髪の毛にはヘアサイクルという生え変わりの周期がありますが、

 

それは大まかに3つに分けられます。一つ目が成長期、二つ目が退行期、そして休止期です。

 

一般的には休止期を迎えた後、再び成長期に入り髪の毛が生えてくるのですが、

 

薄毛で悩む人のヘアサイクルは休止期で止まったままの状態です。

 

ですから、薄毛を解消するためには発毛剤によって

 

髪の毛が生えてくるために働きかけをすることが必要です。

 

今ある髪の毛の抜け毛を予防し、休止期の髪の毛の発毛を促すことで

 

少しずつ髪の毛の密度が濃くなり、

 

ふさふさ…とまではいかないものの、気にならない程度まで回復することができます。

 

それほどまだ薄毛が気にならない人は、

 

発毛剤ではなく頭皮環境を整えるような育毛剤を使って、

 

髪の毛にとって心地よい環境を作っておくことが薄毛の予防につながります。