自分はハゲてる?ハゲの基準を調べてみた!

自分がハゲて見えるのか、それともハゲて見えないのか、といったことは非常に重要な事でもあります。

 

こちらでは、人からハゲとみられる基準についてお話しします。

 

自分の頭髪の状態で薄く見られるのか、それともまだ平気かを知りたい方は必見です。

 

 

■髪の毛の太さと薄毛の基準について

 

・髪の毛の太さがいままでの50%から60%になるとハゲと思われてしまう

 

髪の毛が細くなると、薄毛に見えてしまいます。

 

その基準として、若い時の髪の毛の太さを100%とすると、50%から60%になると髪の毛のコシもなくなりますし、地肌も見えやすくなります。

 

薄毛と思われてしまうのです。

 

だからといって、70%から80%の太さで良いとは思わないでください。

 

髪の毛の太さはどんどんと細くなってしまうのです。

 

一度、男性型脱毛症が発症してしまうとあっという間なんですよ。

 

なるべく早い段階で髪の毛が細くなっていることに気づかなければなりません。

 

気づくのが遅れてしまうと、対策自体が遅れて薄い状態が進行してしまうのです。

 

髪の毛の太さが80%から90%の時に育毛剤などで対策していれば、薄毛予防にもなりますし、改善も圧倒的にしやすくなります。

 

抜け毛の太さを定期的に調べる、といったことも積極的にすべきですよ。

 

ちょっとした事ですが、薄毛のサインは少しでも早く感じ取らなければなりません。

 

 

■おでこのしわと生え際と薄毛の関係性

 

・おでこの一番上のシワから生え際までの距離を測ろう

 

眉毛を上に動かしてください。都の時におでこにシワが出来ると思います。

 

出来たシワの一番上の部分から、生え際までの距離はどれくらいあったでしょうか。

 

指1本分であった場合には、ハゲとは全く見られないので心配はありません。

 

しかし、2本や3本の指が入るようになると薄毛が進行していると考えられます。

 

髪型によっては薄毛が分かってしまいやすいので注意しなければなりません。

 

特に指が3本以上入る状態になると、ハゲと認定されやすいです。

 

できれば指が2本入る状態の時に、育毛対策を実施してください。

 

進行を遅らせる事にもなりますし、改善する可能性も高くなります。

 

ただし、生え際の改善は育毛の中でも最も難しいとされます。

 

長期的な対策を、腰を据えて行う必要がありますよ。

 

 

■M字部分の剃り込みについて

 

・M字部分が耳の延長線上にきているとハゲと認定される

 

M字の剃りこみが、かなり激しくなってしまうと薄毛と認定されやすいです。

 

そもそもM字の剃りこみが激しくなると、髪型にも大きな制約を受けますよね。

 

髪の毛でも隠せなくなり、薄毛とされてしまうのです。