えっ!?体を鍛えるとハゲが治るって本当なの?

都市伝説のようなことが言われています。

 

それは体を鍛えると、ハゲが治るといったものです。

 

結論を言ってしまえば、体を鍛えることは直接的なハゲを治す要因にはなりません。

 

ただし、間接的にはハゲを治せるかもしれないのです。

 

こちらでは、なぜカラダを鍛えることに直接的な原因はないのか、さらに間接的な効果が期待できる理由についてもお話しします。

 

 

■薄毛になる原因は遺伝である

 

・体を鍛えても男性型脱毛症の根本は治せない!

 

男性の薄毛の原因のほとんどがAGAです。

 

80%から90%がAGAと言われている実態もあるのです。

 

AGAの原因は、遺伝です。

 

体を鍛えることに、遺伝子を変えるほどの力があるわけではありません。

 

根本原因に対処はできないので、直接原因を取り除くことはできない、と判断させてもらいました。

 

そもそも、AGAは体内の酵素の働きが活発になることが関わっています。

 

5αリダクターゼと呼ばれる物質の活性度合いの高さが遺伝されるのです。

 

仮に身体を鍛えまくって筋肉をつけたからといって、5αリダクターゼの働きが衰えることはありません。

 

遺伝とは簡単なものではないのです。

 

 

・AGAを根本的に治す方法

 

発毛剤を使う、または育毛剤を使う方法があります。

 

発毛剤にはフィナステリドと呼ばれる物質が入っています。

 

5αリダクターゼの働きを抑えてくれる機能が認められています。

 

育毛味に含まれるノコギリヤシにも同じような作用があるとされ、AGAの根本的な対策ができるのです。

 

 

■体を鍛えると薄毛を間接的に治せる理由とは?

 

・血行を高められるから

 

体を鍛えることで、身体の血液の循環がとても良くなります。

 

全身の血行が良くなることで、髪の毛にも栄養が送られやすくなるのです。

 

髪の毛に栄養がしっかりと送られるようになると、毛が太くなったり、長く成長することになります。

 

いままでの髪の毛とは質が変わってくるのです。

 

そんな理由があり、身体を鍛えることは、育毛しやすい状況を生成することができます。

 

しかし、効果はあくまで間接的なものにとどまるので、過度な期待は厳禁です。

 

発毛剤や育毛剤と運動を併用するのがお勧めですよ。

 

 

■体を鍛えると男性ホルモンが増えて薄毛にならない?

 

・心配はない

 

そもそも、男性ホルモンはドーピングに使うような作用が強いものでなければ、圧倒的な影響をうけることはありません。

 

ボディビルダーの男性ホルモンが一般人よりも多いこともあません。

 

ほとんど変わらないのです。

 

体を鍛えることでホルモンのバランスがあまりに変わるようであれば、我々の健康は維持しにくくなってしまいます。