民族による薄毛率の違い!ハゲがいない国がある?

ハゲには、遺伝が大きく関わっています。

 

だからこそ、国によって薄毛率に大きな差があるのです。

 

こちらでは、薄毛の男性が少数の国について詳しく解説します。

 

薄毛の多い国とどのくらいの差があるのでしょうか。

 

 

■国ごとの薄毛率調査について

 

実は、あのアデランスが世界各国(地域を含む)で薄毛の調査を実施したことがあります。

 

そこで、国による薄毛率の圧倒的な違いが分かりました。

 

以下に、それぞれの国の薄毛率(男性)の調査結果を示します。

 

【世界各国の薄毛率の調査結果】
・第1位・・・チェコ・・・42.79%
・第2位・・・スペイン・・・42.60%
・第3位・・・ドイツ・・・41.24%
・第4位・・・フランス・・・39.24%
・第5位・・・イギリス・・・39.23%

 

上位はヨーロッパ勢が占めています、ここまで見ると、ヨーロッパ以外の国で調査していないんじゃないの、と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

アジアでも調査しているのです。

 

では、肝心の日本の薄毛率はどのくらいなのでしょうか。

 

 

・第14位・・・日本・・・25.78%

 

いかがでしょうか。

 

ヨーロッパよりも圧倒的に薄毛率が低いのがはっきりと分かりますよね。

 

チェコと比べると20%近くも薄毛率が低いのです。

 

国ごとの薄毛率の違いをもう少し調べるために、下位の国も掲載させてもらいます。

 

・第17位・・・タイ・・・23.53%
・第18位・・・台湾・・・22.91%
・第19位・・・マレーシア・・・22.76%
・第20位・・・韓国・・・22.41%

 

以上の結果となったわけですが、もうはっきりと分かりますよね。

 

白人は薄毛が多く、黄色人種は薄毛が少ないのです。

 

AGAは遺伝によるものです。

 

白人には薄毛になる遺伝子を持っている人が極めて多く、アジア人は少ないのです。

 

 

・インディアンにはハゲがいない

 

実際に言われていることですが、これも遺伝によるものです。

 

ただし、仮にインディアンが他の民族と子孫を作った場合は薄毛が発生する可能性があります。

 

生活環境によっても薄毛が発生する確率がゼロではありませんが、ほとんどの原因が遺伝なので完全にハゲがいない民族がいる、といったことは通常考えられません。

 

 

■ハゲ率が少ない日本の悲哀

 

・ヨーロッパには「薄毛=セクシー」文化がある

 

日本には薄毛の男性が少ない反動で、女性にモテない、といった現象が起きます。

 

しかし、ヨーロッパでは逆転現象が起きています。

 

そもそも、多くの男性がハゲるので、女性としてもほとんど気にしていないのです。

 

イタリアのように「薄毛の男性の方がセクシーで素敵」といった反応を示す女性が多い国もあるほどです。

 

そんな状況を男性も活かして、ヨーロッパ男子は自分の薄毛を隠したりしませんよね。

 

日本人の薄毛男性にとっては非常に羨ましい文化がヨーロッパにはあるのです。