ハゲててもかっこいい人と残念な人の違いを知らべてみた

男性の中には、薄毛でも格好良い人はいます。

 

一方で、ハゲて残念な状況になってしまう人もいるのです。

 

こちらでは、ハゲで格好いい人とそうではない人の違いについて詳しく解説します。

 

少しでも格好良く見られたい、と思っている人は必見ですよ。

 

 

■髪型によって格好良さがだいぶ変わってくる

 

・かえって短髪にするべき

 

ハゲてしまうと、少しでも隠そうと努力してしまいます。

 

隠すためには、どうしても不自然な髪型にしてしまうものですよね。

 

側頭部の髪の毛を無理やり前頭部や中央部に持ってきているケースも有ります。

 

そんな髪型で格好良く見られることは、まずありません。

 

薄毛の人は、実は短髪が非常にお勧めなのです。

 

まず、短髪にすると薄毛が目立ちにくい、といった効果も忘れてはなりません。

 

例えば、頭頂部が薄い人が、短髪にするとてっぺんハゲが全く目立たなくなることもあるんですよ。

 

髪型も不自然にはなりませんし、そもそも側頭部の髪の毛を真ん中に持ってくるようなこともできません。

 

 

・髪型は清潔感が大切である

 

女性にアピールしたいのであれば、髪の毛はとにかく清潔感が一番です。

 

髪の毛がたくさんあっても、ロン毛で汚らしい人はモテません。

 

さらに髪の毛が少なくてロン毛にしている場合は、女性受けも非常に悪いのです。

 

薄くても短く切りそろえてある男性は、女性から好かれやすい事実もあります。

 

女性は格好良さも重視するのですが、清潔感の方が大事と考えるケースも多いです。

 

汚らしい男性は論外なのです。

 

 

■オシャレを諦めないこと

 

・おしゃれな男性は薄毛でも女性にモテる

 

ちょっとしたところにおしゃれ感を出せる男性は、単なる薄毛の人にはなりません。

 

薄毛になると、どうしても服装がシックなものになりがちです。

 

それでは女性にモテることはありません。

 

オシャレには気をつける男性であることが大切です。

 

おしゃれな腕時計をするのもいいですし、ブレスレットやネックレスなども利用してみましょう。

 

ちょっとしたワンポイントがオシャレだと、女性の印象も全く異なってくるものです。

 

そもそも、女性はオシャレが好きなので、ワンポイントにでもこだわっていると共通の話題が生まれることもありますよ。

 

 

■自分に自信を持つこと

 

・ハゲだからモテない、とは思わないこと

 

自信のある男性は素敵です。ナルシストはいけませんが、堂々としている事自体が格好良さを増幅させてくれるのです。

 

また、懐の深さを感じさせるのも良いものです。

 

自分の薄毛を笑い飛ばせるような、明るい雰囲気を持つのも大事になりますよ。