ハゲてしまったら・・とりあえず目指すのは「#プロのハゲ」だ!

ハゲてしまったとしても、人生を楽しむことを忘れてはなりません。

 

実はツイッター上でもユニークなハッシュタグがあるんですよ。

 

それは「#プロのハゲ」です。

 

様々なプロのハゲが実際に投稿されて掲載されているのです。

 

世界中には色々な薄毛の男性がいるわけです。

 

中には第一線で活躍している人もいるわけですよ。

 

格好いい感じも受けてしまうわけです。

 

世界で活躍する薄毛の男性から刺激を受けてみてみませんか。

 

 

■ブルース・ウイルスが格好いい!

 

・スキンヘッドでも格好良さは健在

 

アメリカは日本と同じように、比較的薄毛を気にする国民性でもあります。

 

肥満に厳しいといったお国柄でもあり、何かと容姿には気を使っているのです。

 

そんな国であっても、俳優のブルース・ウイルスは、まさにプロのハゲといった活躍を見せています。

 

彼の場合は、頭の形も綺麗ですよね。

 

身体の逞しくてワイルドな印象を高めているのがよく分かるのです。

 

軟弱、といった印象を受けないのも、ハゲのプロとして活躍するのは大事なことかもしれません。

 

そもそも、男性特有のハゲ方は女性にはできないことでもあります。

 

男性の象徴でもあるので、たくましさを醸し出すことは必要不可欠です。

 

 

■兆単位のお金を動かす孫正義に憧れる!

 

・ソフトバンクを世界的大企業にした

 

孫正義は日本で最も成功した実業家の一人に数えられることもあります。

 

そんな彼も薄毛であります。

 

あまり関係性はありませんが、頭をよく使う人は薄毛になる、なんて印象もありますよね。

 

例えば、大学教授にも薄毛の人が実際に多いわけです。

 

ハゲのプロになるためには、ハゲの良い印象といったものを少しでも前に出すべきでしょう。

 

孫正義さんの場合は、億単位のお金で勝負していません。

 

兆単位のお金を動かしているのです。

 

兆単位のお金を借りて事業をして、返済して、さらに借り手と事業をどんどんと大きくしています。

 

海外企業の買収までしているんですよ。

 

いずれは世界を動かせるような企業の総帥になるかもしれないほどの経営者なのです。

 

 

・お金があっても植毛しない男気!

 

彼ほどお金があれば、植毛すればいいのに、と思うかもしれません。

 

しかし、彼はそういったことにお金は使わないのです。

 

自分に本当に自信がある男性は、薄毛なんて気にしません。

 

だって自分の魅力は髪の毛ではないわけですから。

 

そういった気概といったものが、「ハゲのプロ」にはあるわけです。