肩こりがひどいと薄毛になるメカニズムが知りたい!

肩こりと薄毛にはかなり密接な関係性があります。

 

あまり意識したことがない方も多いと思います。

 

もしも肩こり持ちで、薄毛にも悩んでいる方に必見の情報を提供します。

 

どんな理由から肩こりがあると薄毛になってしまうのでしょうか。

 

 

■血行不良による薄毛が発症してしまう可能性あり

 

・髪の毛に栄養が送られなくなる

 

髪の毛は血液によって栄養が送られ、髪の毛が成長するシステムとなっています。

 

仮に血行不良になってしまえば、髪の毛の成長がストップしてしまうわけです。

 

肩の血行障害であれば、髪の毛には影響しないのでは、と考える人もいるかもしれません。

 

しかし、肩を通って首に至り、頭皮に行き渡るわけです。

 

肩を通る血液の量に問題が起こってしまうと、当然頭皮に血液が行き渡りにくくなります。

 

髪の毛の成長しにくい状態になるわけです。

 

時々の肩こりであれば、誰にでもあることなので特に大きな問題にはなりません。

 

しかし、定期的に肩こりの症状が起きているということは、血行不良の状態が長期的に起きていることを意味しています。

 

あまり良い状態ではないので、なんとかして対処しなければなりません。

 

 

・肩こりの解消法とは

 

肩周りの運動をしましょう。肩を動かすいだけでもだいぶ違います。

 

肩を動かすことで、血の巡りが圧倒的に良くなるのです。

 

運動をしないことが血液の循環を悪くしていることもあります。

 

ほとんど運動をしないで、建物の中でじっとしていることが多い、なんて肩は肩をしっかりと動かして血液のめぐりを良くしましょう。

 

少しずつでも、肩こりの改善が期待できますよ。

 

肩こりはいきなり治る、といったことはありません。

 

長期的な付き合いとなるので、その点も理解しておく必要があります。

 

 

■目が疲れるシステインを消費してしまう

 

・システインは髪の毛にも関連している成分である

 

目の修復に使われる成分がシステインです。

 

システインは、目が疲れると大量に消費されてしまう性質があります。

 

問題はそのシステインが、髪の毛の生成にも重要な働きをしている、といったことなのです。

 

髪の毛の使うべきシステインを目に使ってしまえば、薄毛が促進してしまいますよね。

 

目の疲れは、肩こりとも密接に結びついています。

 

目を使ってしまうと、肩こりがどんどんとひどくなってしまうのです。

 

 

・システインの消費を抑えるためにはどうしたら良いのか

 

システインをサプリメントンドで大量に補給する方法もあります。

 

その前に、目を酷使しない、といったことも考えるべきです。

 

目にやさしい生活をしてみませんか。