【口コミ】フィンジアの効果教えます。評判の新成分の真実を暴露!


フィンジアについて検索してみると、「あのミノキシジルを超えた成分が入ってる」「新成分の効果がやばい」等、フィンジアに含まれている成分がかなりの高評価を獲得しているようです。
ミノキシジルと言えば医薬品として利用されている発毛成分として非常に有名ですが、それを超えるというのはさすがに言いすぎなのでは…?今回はそんなフィンジアの口コミを集めて、その発毛効果は本物なのか3か月使用して実際に検証してみました!よくある質問や副作用、お得な購入法についてもまとめてあるので、購入検討中の方必見です。

 

 

【目次】
1.育毛剤フィンジアの口コミ評判
  1‐1フィンジアの良い口コミ評価
  1‐2フィンジアの悪い口コミ評価
  1‐3フィンジアの口コミ評判まとめ
2.育毛剤フィンジア(finjia)を実際に3か月使用した効果はこちら!
3.育毛剤フィンジア(finjia)の話題の新成分紹介
  3-1キャピキシル
  3‐2ピディオキシジル
  3-3カプサイシン
4.フィンジアと他のキャピキシル配合育毛剤の比較
5.育毛剤フィンジア(finjia)のよくある質問(Q&A)
  5-1Q.フィンジア(finjia)が化粧品に分類されるのは本当?
  5-2Q.品切れが多いって本当?
6.フィンジアに副作用はある?
7.フィンジアを買うなら〇〇がお得!

8.まとめ:育毛剤フィンジア(finjia)の効果は本当?

 


育毛剤フィンジアの口コミ評判

まずは話題の育毛剤フィンジアを実際に使用した人たちの口コミを紹介していきます。発売されてから比較的日が浅い育毛剤なので他の育毛剤と比べて口コミの数が少なめではありましたが、その中から選んだ良い口コミと悪い口コミを紹介していきます。

 


フィンジアの良い口コミ評価

 

男性 40代 使用歴4ヶ月
以前にAGA治療薬やらミノキシジル配合の育毛剤やらを利用したことはあったんですけど、頭皮がかゆくなったり炎症してしまったりなどの副作用が出てしまったので続かなかったんですよ。
ですがこのフィンジアは違いました。何やらミノキシジルの副作用を除いたような新成分が入っているようで副作用が発症することなく使用を続けることができました。それでいて効果もあるんだからすごい。現在4カ月を超えて気になるつむじ付近の薄毛も段々解消されてきたので、更なる効果を期待してこれからも使っていきます。

 

男性 30代 使用歴3か月
最近生え際の後退が気になってきてたので、話題の育毛剤という事でフィンジアを購入してみました。効果に関しては「まぁ多少改善できればいいな…」というようにそこまでの期待はもっていなかったのですが、
使っているうちにヘナヘナだった髪の毛がしっかりとし始め、スカスカだった前髪も増えてきたような気がします。

 

男性 30代 使用歴5ヶ月
普通の育毛剤と比較するとちょっと値段は高いのかもしれないけど、その分効果は抜群です。話題の成分キャピキシルを配合している育毛剤は他にもあるけど、その中でも一番フィンジアが良いかな。
正直最初の1ヶ月は効果がほとんど実感できなくてやっぱり大したことないんだなと思ったりもしましたが、育毛剤は3か月くらいは使わないと効果が出ないという言葉もあったので、それを信じて使っていたら見事期待に応えてくれました。

 


フィンジアの悪い口コミ評価

 

男性 40代 使用歴1か月未満
完全に期待外れです。つけてみましたが全く効果は出ず、あれだけ騒がれていたのはステマだったんじゃないかと疑うほどです。
幸いにも返金保証期間内だったのでその保証を使って返金保証してもらいましたが、あの値段でこの結果では完全に無駄だと思います。

 

男性 30代 使用歴1か月
育毛剤を利用したのは初めてです。早く効果が欲しかったので最初に3本まとめて購入して1日3回利用するようにしてましたが全く効果がありませんでした
忙しい時などはたまにつけるのを忘れてしまう事もありましたが、折角沢山買ったのにこれは詐欺レベルじゃないですか?フィンジアを買うのはおすすめしません。気を付けてください。

 


1−3 フィンジアの口コミ評判まとめ

 

良い口コミと悪い口コミを集めていて明確にわかったことは、効果が出たという人は3か月以上しっかりと継続してフィンジアを利用しているのに対し、効果がないという人たちは使用期間が圧倒的に短いということでした。
フィンジアに限らず育毛剤は1か月程度に効果を実感するということはできません。そして、1日に沢山使ったからと言って効果が倍増するということもまずありません。そう言った点を考慮すると、正しく継続して使用を続けて良ければ、良い口コミの人たちのように効果は得られるということがわかります。

 


>>続ければ効果は出る!フィンジア公式サイトはこちら

 


育毛剤フィンジア(finjia)を実際に3か月使用した効果はこちら!

 

つむじ付近の過疎化が進み、触ってみると明らかに薄くなってきているのがわかる現状。今までに何個か育毛剤というものを使用してみたことはありますが、いずれも効果を実感することはできず。

 

有効成分をとにかく含んでいればいいという最近の育毛剤の風潮に違和感を覚え、何か一風変わった特徴のある育毛剤は無いかと調べていた所、見つけたのがこのフィンジアです。

 

「新商品」「新成分」、こういった「新」という言葉に目がない僕は見つけた瞬間即購入を決定してしまうほど、謎の魅力がありました。果たしてフィンジアはその期待に応えてくれるのか、試していきたいと思います。

 

注文して3日後、フィンジアは我が家に到着しました。

 



思ったよりもかなり小さく、箱と本体が黒字に金色の文字と少し高級感があるので育毛剤って感じがあんまりしないですね。

 


噴出口は王道のジェットノズルタイプ。

 

狙ったところに直線で吹きかけることができます。

 

実際につけてみます。

 

つけたあとは馴染ませるように頭皮を揉みます。

 

これを朝晩の1日2回塗布することでフィンジアは効果を発揮するようです。1度の塗布に何分もかかってしまうようなものでもないのですごくお手軽にできますね。

 

このまま3か月続けてみて効果を見守りたいと思います。

 

3カ月後

 

フィンジアの使用を始めてから3か月が経ちました。一度も付け忘れることなく1日2回の塗布を守り続けてきました。

 

悪い口コミにもあったように使用して1か月くらいはあまり効果を実感できず、少し抜け毛が減ったような気がする程度だったんですが、2か月経過後あたりから髪の毛をセットする際に妙に髪の立ち上がりが良いことに気づいたんです。

 

そこで貴重な髪の毛を1本抜いて見てみたら、明らかに使用前よりも髪の毛が太くなっていることに気づきました。

 

そして3か月が経過した今日。スカスカになりかけてるつむじを触ってみたらチクチクとして短い産毛の感触があるんです!
それに、これまでの効果から推測すると、生えてきた産毛も今までのような弱々しい髪ではなく、太くて強い髪に育つのではないかと思います。

 

新成分の効果は伊達ではありませんでした。
今までとは違う、本当の発毛を経験したい人にフィンジアはものすごくおすすめです!

 


>>3か月で確かな発毛効果!フィンジアはこちら

 


育毛剤フィンジア(finjia)の話題の新成分紹介

他の育毛剤とは異色の雰囲気を放つフィンジアですが、配合されている育毛成分もこれまた異色な並びです。主な注目成分としてキャピキシル・ピディオキシジル・カプサイシンが挙げられますが、ここからは3つの注目成分の働きについて紹介していきます。

 


キャピキシル

フィンジアに配合されている育毛成分で、まず最初に紹介したい成分がキャピキシルです。ミノキシジル、海藻由来成分M-034などさまざまな育毛成分にこれまで注目が集まってきましたが、現在最も注目されている育毛成分と言って良いのがこのキャピキシルです。

 

最近の育毛市場でキャピキシルをメインの育毛成分として配合している育毛剤が増えているという事実がそれを物語っています。フィンジア以外にもキャピキシルを配合している育毛剤はいくつか存在しているので、後の項目でそれらのキャピキシル配合育毛剤とフィンジアとの比較も行います。

 

キャピキシルはアカツメクサという植物から抽出されたビオカニンAと成長因子アセチルテトラペプチド-3を組み合わせて開発された育毛成分です。成長因子はタンパク質の一種で、細胞に働きかけて、その細胞分裂を促進する力があります。

 

男性が薄毛になる場合、その原因の約90%はAGA(男性型脱毛症)とされていますが、AGAは男性ホルモンと体内に存在する5αリダクターゼ酵素が結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されることで生じる薄毛症状です。ビオカニンAにはこの5αリダクターゼ酵素を抑制することで、AGAの引き金になるDHTの生成を防ぐ力があると言われています。

 

ちなみに、5αリダクターゼ酵素にはT型5αリダクターゼ酵素とU型5αリダクターゼ酵素という2つのタイプが存在していますが、ほとんどの育毛剤はT型・U型のどちらかの5αリダクターゼ酵素しか抑制することが出来ません。それに対してビオカニンAは両方のタイプの5αリダクターゼ酵素を抑制することが出来るため、非常に優れた5αリダクターゼ抑制成分であるということができます。

 

さらに、キャピキシルを構成するもう一つの成分であるアセチルテトラペプチド-3には、髪の毛の毛包部分の細胞分裂を活発化させる力があります。毛包は髪の毛の土台となっている部位です。毛包での細胞分裂が活発化すると、髪の毛の土台がしっかりしてくるため、強い髪の毛が育つようになります。

 

このようにビオカニンAとアセチルテトラペプチド-3の組み合わせで抜け毛を防ぎつつ強い髪の毛を育てることができ、キャピキシルで期待できる発毛効果はミノキシジルの3倍ともいわれています。

 


ピディオキシジル

キャピキシルを配合する育毛剤は増加しており、キャピキシル配合というだけでは他の育毛剤との差別化は難しくなっています。ただ、フィンジアに配合されているピディオキシジルは、配合している育毛剤もそれほど多くありません。そういった意味で、フィンジアの最大の特徴はこのピディオキシジルを配合していることになるかもしれません。

 

ピディオキシジルは実は0から新開発された成分というわけではなく、AGAクリニックのようなAGA専門の治療機関でも使われ育毛成分として広く知られているミノキシジルをベースに開発された成分です。非常に優れた血行促進効果を持っており、頭皮の血行を促進することで、毛母細胞に栄養を供給し、それによって発毛を促進するというのが、ミノキシジルの働きです。

 

ただ、このミノキシジル、優れた発毛効果を持つのは間違いありませんが、同時に頭皮トラブル・動悸・頭痛といった副作用を引き起こすこともよく知られています。この副作用が存在するというのはミノキシジルの大きなデメリットでした。

 

しかし、ミノキシジルの優れた血行促進効果はそのままで、副作用のみを取り除いた画期的な成分がピディオキシジル。ピディオキシジルはミノキシジルの分子構造を並び替えることで作られたミノキシジル誘導体です。最初はまつげの育毛剤の成分として使われていましたが、その優れた育毛効果が認められ、育毛剤に転用されました。

 


カプサイシン

カプサイシンは唐辛子などに含まれている成分です。カプサイシンには血行を促進する効果新陳代謝を活性化して頭皮の細胞を新しくし、頭皮環境を改善する効果があります。

 

また、髪の毛を作る毛母細胞の細胞分裂を活性化させる効果がある成長因子「IGF-1」を増加させる効果があるので、毛母細胞の働きを強化して、発毛を促進する力がカプサイシンには備わっています。

 

さらに、カプサイシンが持つ働きで、フィンジアにおいて「ゲートアクセス理論」と名付けられているものがあります。カプサイシンには毛穴を開いて汗を排出させる発汗効果があり、毛穴が開くことで、育毛液が浸透しやすくなります。

 

これによって、毛穴が老廃物で詰まっている人の頭皮にもしっかりと育毛剤が浸透し、高い育毛効果が発揮します。このような毛穴を広げて育毛剤の浸透力を上げる働きのことを「ゲートアクセス理論」と呼んでいます。もちろんフィンジアにはこの他にも育毛剤の定番成分などはしっかりと含まれています。その中でもこの3つの成分をメインに起きつつ、フィンジアは利用者に発毛の効果をもたらしてくれます。

 


>>今までの常識を外れた3種類の成分を含むフィンジアはこちら

 


フィンジアと他のキャピキシル配合育毛剤の比較


さて、フィンジアだけでなく、キャピキシル配合の育毛剤にはさまざまなものがあります。その中でも、フィンジアと並んで市場における評価が高いのが、Deeper3Dとボストンスカルプエッセンス。ここからはこの2つの育毛剤とフィンジアを比較していきます。

 

まずキャピキシルの配合濃度。キャピキシルの配合濃度が濃ければ濃いほど、その効果も高くなると考えられていますが、これに関しては3商品とも同じ5%配合となっています。では、ピディオキシジルで比較してみるとどうでしょうか?

 

Deeper3Dは公式サイトをくまなく探してみましたが、ピディオキシジル配合という文字はどこにも見当たらず、ボストンスカルプエッセンスは配合成分には表記されているものの、肝心の濃度が書かれていませんでした。そのため、ピディオキシジルで見ると、フィンジアの圧勝と言って良いでしょう。

 

また、育毛剤は一度使い始めたら、半年程度の期間は使い続ける必要がある商品です。毎月購入することを考えると、そのコストも非常に重要となってきます。この3つの育毛剤を比較したときに、その値段が断トツで高いのがDeeper3D。Deeper3Dの価格は1本14,100円となっています。

 

また、ボストンもDeeper3Dほどでは無いですが、1本12,800円。やはり1万円を大きく超える価格設定です。これに対してフィンジアは1本9,980円。キャピキシル・ピディオキシジルといった非常に優れた育毛成分を配合していながら、その価格が1万円を切るという抜群のコストパフォーマンスです。

 

ただ、Deeper3D、ボストンが1本60ml配合なのに対して、フィンジアは1本50ml。若干配合量が少ないと言う面はありますが、どれも1か月分の分量であることは変わりないので、それによって育毛効果が劣るということはありません。この内容量の違いについてはさして気にする必要は無いでしょう。全体的にみると、Deeper3D・ボストンよりもフィンジアの方が育毛成分が充実しており、なおかつ費用面でもお得といった印象を受けます。

 


>>キャピキシル配合系では最強のフィンジアはこちら

 


育毛剤フィンジア(finjia)のよくある質問(Q&A


5−1 Q.フィンジア(finjia)が化粧品に分類されるのは本当?

 

A.本当です。
少し難しい話になりますが、育毛剤は薬機法(旧薬事法)により医薬品・医薬部外品・化粧品と言う3つのカテゴリーに分類されます。そして、フィンジアが医薬部外品ではなく、化粧品に分類されているため、その育毛効果を疑問視する声があります。

 

たしかに、フィンジアが化粧品に分類されているという事実に間違いはありません。ただ、化粧品に分類されているから育毛効果が低いと考えているなら、それは誤りです。
医薬品にはフィナステリド、ミノキシジルといった医薬品成分を配合している育毛剤が認定されます。これに対して、医薬部外品・化粧品の違いは国が育毛効果を認めた有効成分を規定数や規定量以上配合しているかどうかです。

 

ただ、有効成分というのが曲者です。
育毛剤メーカーが独自の育毛成分や新成分を利用した時に、国が育毛成分を有効成分に認定するまでかなりの時間がかかると言われています。
そのような場合、商品流通を早くするため育毛剤メーカーは有効成分として認定されるのを待たずに、育毛剤に配合して売り出してしまいます。そのため、このような新開発の成分を配合した育毛剤は従来の育毛剤よりも育毛効果が期待できるにも関わらず、化粧品に分類されます。

 

また、医薬部外品に認定してもらうためには、その有効成分の配合量も厳密に規定されています。したがって、育毛効果が期待できる成分であっても、その成分を大幅に増量するといった偏った配合を行うことはできません。それを避けるために、成分の配合量を自由に決めるためあえて化粧品として、育毛剤を販売するケースもあります。

 

このような事情を考えると、化粧品の育毛剤が医薬部外品の育毛剤よりも育毛効果が低いという指摘は必ずしもあたっているとは言えません。

 


5−2 Q.品切れが多いって本当?

 

A.これも本当です。
フィンジアは発売前から薄毛に悩む人の間で注目を集めていた商品でした。そのため、2015年10月頃からから2016年にかけては、フィンジアの品切れ状態が長期に渡って続く事態が生じました。

 

その数なんと4回その度に公式サイトで品薄の謝罪文面が載せられるほどでした。最近は安定して商品が供給される状態になっていますが、4度も品切れを繰り返すほど話題を生んだ人気の商品であるという事は間違いないでしょう。

 


>>超人気商品フィンジアが安定して買える公式はこちら

 


フィンジアに副作用はある?

育毛剤を使う上で不安を感じるのが副作用の問題です。一般的に効果の高い育毛成ほど、副作用の影響も大きい傾向がありますが、そういったものはフィンジアには当てはまりません。

 

まず、キャピキシル。キャピキシルは自然の植物アカツメクサから抽出された成分を使っており、人間の体に優しい成分で、副作用の心配はありません。
次にピディオキシジル。上記でも述べたように、ミノキシジルの分子構造を組み替えて、副作用の問題を無くしたミノキシジル誘導体なので、ピディオキシジルも副作用の心配をする必要はありません。

 

そして、カプサイシン。唐辛子に含まれる成分ということで「刺激が強いのでは?」という不安を感じてしまいがちですが、これはあくまでもイメージによる誤解です。
カプサイシンは頭皮に痛みや炎症を引き起こす副作用は無く、ただ頭皮がポカポカする感覚を感じる程度になります。

 

フィンジアを使用することで副作用が起こる心配はまず無いと言って良いでしょう。

 


>>副作用の心配なし!安全に使えるフィンジアはこちら

 


フィンジアを買うなら○○がお得!

フィンジアを購入する場合、楽天・amazon・公式サイトという3つの購入方法があります。2017年8月の段階では楽天の最安値が15,979円、amazonが11,199円、公式サイトが13,440円(送料含む)となっています。

 

これだけ見るとamazonが最安値のように見えますが、そう決めてしまうのはまだ早いです。
実は公式サイトでは定期コースという購入制度を利用することができ、その制度を利用した場合その価格は9,980円(送料無料)となるからです。

 

したがって、公式サイトから定期購入するのがもっともフィンジアをお得に入手する方法です。

 

ただ、定期購入が安いと分かっていても、育毛剤には定期購入した場合、3本は最低購入するといった購入期間の縛りがあるものもあります。
購入期間の縛りがある定期購入だと、その育毛剤が自分に合わないと分かっても、すぐにはやめられず期間内の料金を支払わなければなりませんが、フィンジアはこのような購入期間の縛りが無く、気に入らなかったら定期購入でも初回で解約出来るので、
実質単品購入とほとんど変わりません。

 

また、公式で定期コースの購入をしようとボタンを押すと、3本セットの定期購入という隠しコースのようなものが出てきます。3か月に1度まとめて3本が送られてくるというシステムですが、
料金が3本で26,900円で1本あたり8,966円で購入できてしまうので、お得にフィンジアを続けていきたいという方は3本セット定期購入を申し込んでみるといいでしょう。

>>公式の定期が一番お得!フィンジアの公式サイトはこちら

 


まとめ:育毛剤フィンジア(finjia)の効果は本当?

フィンジアは5αリダクターゼを抑制してくれるキャピキシル、副作用の無い血行促進成分ピディオキシジル、ゲートアクセス理論で育毛剤の浸透力を高めるカプサイシンといった最新の研究の成果を生かした成分配合が行われています。

 

高い育毛効果が期待できるのに加えて、副作用の心配もほぼ皆無。少し前までは爆発的な人気で品切れが続いていたフィンジアですが、ようやく今その爆発的なブームが落ち着いて安定して手に入れることが出来る状態になっています。

 

定期購入すれば、キャピキシル配合の育毛剤の中では最安レベルの10,000円以下の値段で手に入れることが出来ることもフィンジアの大きな魅力です。本気で薄毛対策をしたいなら、最新の育毛成分配合で副作用の心配も無いフィンジアからスタートしてみてはいかがでしょうか?

 


>>新成分の効果を味わえるのはフィンジア!公式はこちら